FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

シカゴ
CHICAGO
2002年 アメリカ
113分 ミュージカル/コメディ/ドラマ

監督:ロブ・マーシャル
製作:マーティ・リチャーズ
共同製作:ドン・カーモディ
製作総指揮:ニール・メロン
        クレイグ・ゼイダン
        ジェニファー・バーマン
        サム・クロザーズ
        メリル・ポスター
        ボブ・ワインスタイン
        ハーヴェイ・ワインスタイン
共同製作総指揮:ジュリー・ゴールドスタイン
原作:ボブ・フォッシー 
    フレッド・エッブ
原作戯曲:モーリン・ダラス・ワトキンス
脚本:ビル・コンドン
撮影:ディオン・ビーブ
美術:ジョン・マイヤー
衣装:コリーン・アトウッド
編集:マーティン・ウォルシュ
音楽:ジョン・カンダー
    ダニー・エルフマン

出演:レニー・ゼルウィガー
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
    リチャード・ギア
    クイーン・ラティファ
    ジョン・C・ライリー
    テイ・ディグス
    ルーシー・リュー
    クリスティーン・バランスキー
    コルム・フィオール
    ドミニク・ウェスト

STORY
1920年代のシカゴ、ショービジネスの街。
ヴォードヴィルのスターを夢見るロキシーは、
自分をショーに売り込んでくれるという約束を守らなかった愛人と言い争いなり、
つい彼を撃ち殺して逮捕されてしまう。
一方、ロキシーの憧れの歌姫、ヴェルマも殺人罪で逮捕されていたが、
辣腕弁護士ビリーを雇い、マスコミを操作して自分を演出し、
さらにスターとして人気を得ていく。
そこで、ロキシーも同じ手段でヴェルマ以上の注目を浴びようとビリーを雇う・・・。


おもしろかった。というよりも、楽しかった。
ミュージカル映画はあまり見たことがなかった。
舞台ならいいんだけど、
映画の途中でいきなり歌い踊る出すのが
なんとなく好きになれなくて。
でも、これは楽しかったな、
ほんとまさしくエンターテイメント!
舞台ではできない映画ならではの演出もよし。

ロキシーとヴェルマの奇妙な友情は
『ショー・ガール』のノエミとクリスタルみたいだ。
二人の悪女はやはり徹底的に悪女でないとね。
セクシーで妖艶っぷりがステキだった。
正義なんて考えなくていい。
ただ単にミュージカルを楽しめたし、見てて飽きなかった。

ただ、リチャード・ギアの歌と踊りはいらなかった気も・・・。

さて、『シカゴ』と
『ボウリング・フォー・コロンバイン』の
共通点について論じよ、
とゆーレポートをどうまとめようかな・・・

鑑賞方法:川崎チネチッタ/字幕
スポンサーサイト

ボウリング・フォー・コロンバイン
BOWLING FOR COLUMBINE
2002年 カナダ/アメリカ
120分 ドキュメンタリー

監督:マイケル・ムーア
製作:チャールズ・ビショップ
    ジム・ザーネッキ
    マイケル・ドノヴァン
    キャスリーン・グリン
    マイケル・ムーア
製作総指揮:ウォルフラム・ティッチー
脚本:マイケル・ムーア
撮影:ブライアン・ダニッツ
    マイケル・マクドノー
編集:カート・エングフェール
音楽:ジェフ・ギブス

出演:マイケル・ムーア
    チャールトン・ヘストン
    マリリン・マンソン
    マット・ストーン
    ジョージ・W・ブッシュ

STORY
1999年4月20日、アメリカ・コロラド州の小さな町リトルトン、
2人の少年は朝の6時からボウリングを楽しんでいた。
いつもと変わらぬ1日の始まり・・・
ところが、2人の少年は銃を手に彼らの通うコロンバイン高校へと向かった。
そして、手にしていた銃を乱射、12人の生徒と1人の教師を射殺し、
23人を負傷させた後、彼らは自殺した。
マイケル・ムーアは問う、なぜアメリカはこんなにも銃犯罪が多いのか・・・?


とても難しい映画だった。
いや、ほんとは難しく考えちゃいけないんだろうな、
きっと、監督マイケル・ムーアのあのノリで。
監督が観客に伝えたいメッセージは、
わたしの胸にもしっかりと伝わってきたと思う、
形を成さない曖昧なモノだけど。

コロンバイン高校での銃乱殺事件については、
何年か前にニュースで見た記憶がある。
その時は「アメリカは恐ろしい国だなーまるで映画みたいだ・・・」
ってぐらいしか思わなかった。
でも今日は、思わず泣いてしまった。

911事件以来、人の死に過敏になってるのかもしれない。

『怒り』と『悲しみ』、
『可笑しさ』と『哀しさ』の詰まった映画だった。

鑑賞方法:川崎チネチッタ/字幕






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2003.04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。