FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

終電車
LE DERNIER METRO/THE LAST METRO
1980年 フランス
131分 ドラマ/ロマンス

監督:フランソワ・トリュフォー
製作:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー
    シュザンヌ・シフマン
撮影:ネストール・アルメンドロス
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    ジェラール・ドパルデュー
    ジャン・ポワレ
    ハインツ・ベネント
    ポーレット・デュボスト
    アンドレア・フェレオル
    サビーヌ・オードパン
    リシャール・ボーランジェ

STORY
第二次大戦中、ナチ占領下のパリ、
人々は夜間外出を禁止され、地下鉄の終電車に殺到する。
モンマルトル劇場の支配人であり演出家のルカは、ユダヤ人であるため、
南米に逃亡し劇場の経営を妻であり看板女優のマリオンに任せていた。
彼女は、ルカが翻訳したノルウェーの戯曲『消えた女』を上演しようとしていた。
そしてマリオンの相手役には新人のベルナールが起用された。
連日の稽古が続けられるが、マリオンは稽古が終ると、
暗闇の劇場に戻って地下へ降りていく。
地下室には、逃亡したはずルカが隠れていたのだ・・・。


カトリーヌ・ドヌーヴの映画を見るのは初めて。
落ち着いた雰囲気をもったキレイな女優さんだね。

どうやらトリュフォー監督は、
男女の三角関係を描くのがうまいらしい。
そしてまた、強い女性マリオン。
1940年代のナチス支配下のパリで、
ユダヤ人である夫を地下室に隠し
舞台を成功させようと奔走する姿は
強い意志と健気な努力がうかがえる。
ドイツ軍が敗退し、813日ぶりに夫が地上に姿を現したとき、
マリオンは夫と愛人とどちらを選ぶのか?
と思いきや、どちらも選ばすにどちらも手に入れるなんて、
なんて悪女なのかしら。
ってか、結末は観客の判断に委ねられているわけで、
わたしはそう判断しました。

所々に笑える箇所もあって、
二次大戦下なのに暗い映画ではない。
初めて、フランス映画は綺麗だと思った。
言葉の響きが英語とは違うんだもの。

鑑賞方法:渋谷ユーロスペース/字幕
スポンサーサイト

悲しみは空の彼方に
IMITATION OF LIFE
1959年 アメリカ
124分 ドラマ

監督:ダグラス・サーク
製作:ロス・ハンター
原作:ファニー・ハースト
脚本:エリナー・グリフィン
    アラン・スコット
撮影:ラッセル・メティ
音楽:ジョセフ・ガーシェンソン
    フランク・スキナー

出演:ラナ・ターナー
    サンドラ・ディー
    ファニタ・ムーア
    スーザン・コーナー
    ジョン・ギャヴィン
    トロイ・ドナヒュー
    ダン・オハーリヒー
    ロバート・アルダ
    マハリア・ジャクソン
    アン・ロビンソン

STORY
1947年、美しき未亡人ローラは娘スージーを連れ、
コニー・アイランドの謝肉祭にやってきた。
そこで、白人の夫に捨てられた黒人女性アニーと知り合う。
アニーは、白人と見分けがつかない娘サラ・ジェーンを連れて職を探していた。
2人は同じ身の上に同情しあい、ローラの家で一緒に暮すことになる・・・。


始めはね、ローラはスカーレット・オハラのような人かと
思ってね、嫌だったの。でも違った。
舞台女優として成功をおさめ
一時的に子供や恋人の元から去るものの、
女優の名声と栄光のかげでなおざりにされていた
家庭の大切さにちゃんと気づくわけで、
アニーとの友情も変わらないし。
ずっとローラを見守ってきたスティーヴとアニーのおかげだよ、
周りに感謝すべし。

外見は白人と変わらないけど
実は黒人との混血児であるサラ・ジェーン。
やはりその事実を隠そうとするんだね、
白人社会で生きていくためには。
わたしは白人でも黒人でもないし、
日本人として差別された経験もないし、
人種問題についてはいまいちピンとこない。
時代のギャップもあるし。

ラストのアニーの盛大な葬列シーンでは涙がとまらなかった。

鑑賞方法:8号館@立教大学(授業)/字幕

マトリックス リローデッド
THE MATRIX RELOADED
2003年 アメリカ
138分 SF/アクション/サスペンス

監督:アンディ・ウォシャウスキー
    ラリー・ウォシャウスキー
製作:ジョエル・シルヴァー
製作総指揮:ブルース・バーマン
        グラント・ヒル
        アンディ・ウォシャウスキー
        ラリー・ウォシャウスキー
脚本:アンディ・ウォシャウスキー
    ラリー・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
特撮監修:ジョン・ゲイター
美術:オーウェン・パターソン
衣裳:キム・バレット
編集:ザック・ステーンバーグ
カンフーコレオグラファー:ユエン・ウーピン
音楽:ドン・デイヴィス

出演:キアヌ・リーヴス
    ローレンス・フィッシュバーン
    キャリー=アン・モス
    ヒューゴ・ウィーヴィング
    マット・マッコーム
    ジェイダ・ピンケット=スミス
    モニカ・ベルッチ
    ハロルド・ペリノー・Jr.
    ハリー・J・レニックス
    ノーナ・M・ゲイ
    クレイトン・ワトソン
    ジーナ・トレス
    ランベール・ウィルソン
    エイドリアン・レイメント
    ニール・レイメント
    アンソニー・ウォン
    ランダル・ダク・キム
    コリン・チョウ
    アンソニー・ザーブ
    イアン・ブリス
    グロリア・フォスター
    ヘルムート・バカイティス

STORY
人類の救世主として覚醒したネオとモーフィアス率いる仲間たちは、
コンピュータの支配から人類を解放するための闘いを続けていた。
しかし、ついに人類最後の都市ザイオンの位置がコンピュータに特定されてしまう。
ザイオンを救うには、マトリックスの全ての入り口にアクセスできるという、
“キー・メーカー”という人物の存在が不可欠だった。
そこでネオとトリニティー、モーフィアスは彼を求めて、
再びマトリックス世界へと足を踏み入れる・・・。


わっけわからん。
映画館の前の方で見たため、
素早い映像についていけず首と頭が痛くなる始末。

話の内容も展開も前作よりも複雑になってるよ。
敵は一体誰なのさ?救世主もプログラムのうちだって?
エージェント・スミスは何者(←好きだけど)?
ネオは実はスーパーマン?みたいな・・・
ネオが空を飛ぶシーンは笑った。
現実離れしすぎて、これはコメディ映画かい?

しかし、なんて中途半端なところで終わらすんだ!
『レボリューションズ』を見るかどうかは微妙。
前作だけで完結にしちゃってもよかったんじゃないの。

高速道路でのカーチェイスは見応えあった。

鑑賞方法:シネマサンシャイン/字幕






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2003.06 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。