FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

私のように美しい娘
UNE BELLE FILLE COMME MOI/SUCH A GORGEOUS KID LIKE ME
1972年 フランス
98分 ドラマ/コメディ

監督:フランソワ・トリュフォー
製作:マルセル・ベルベール
原作:ヘンリー・ファレル
脚本:ジャン=ルー・ダバディ
    フランソワ・トリュフォー
撮影:ピエール=ウィリアム・グレン
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演:ベルナデット・ラフォン
    アンドレ・デュソリエ
    シャルル・デネ
    ギイ・マルシャン
    フィリップ・レオタール
    クロード・ブラッスール

STORY
ある書店で、社会学者スタニスラフの新著を求めた客に、
店主は、それは結局発行されなかったと告げて何故だろうとしばし考え込む。
スタニスラフが出版するはずだった書物『犯罪女性』が店頭には出ていない理由は、
彼が余儀ない事件に捲き込まれたからだった。
一年前、彼は女性が犯罪に至る動機や心理についての論文を書き上げるべく、
ある女囚刑務所にそのサンプルを探しに出かけた。
そこで彼は、塔の上から愛人を突き落した罪で服役しているカミーユを選ぶ。
彼女の語る物語は生々しく新鮮で、やがて彼女の自由奔放さに惹かれ、
彼は、彼女の訴える無実の罪を信じ、事件の真相を究明しようとする・・・。


トリュフォー監督のコメディ的なところって、
「ふふっ」って笑っちゃう感じ。

お馬鹿な男たちを次々と騙して利用していくカミーユが
性悪女に見えないのは、コミカルに描いているから?
それとも彼女自身に(完全犯罪的な)計画性がなく、
魅力たっぷりだから?
彼女はただ自分の感情に素直で思うままに行動しているだけ。
だから、父親を事故に遭わせたり、
妊娠を偽ったり、嘘の身の上話で同情を引いたり、
いろんなことやらかしても、憎めないんだなー。
男たちを手のひらの上でコロコローと転がしてね。
男たちは情けないなー。
ミイラ取りがミイラになってどうする!

鑑賞方法:渋谷ユーロスペース/字幕
スポンサーサイト

害虫
HARMFUL INSECT
2002年 日本
92分 ドラマ

監督:塩田明彦
プロデューサー:平野隆
          平井健一郎
          中村聡
製作総指揮:中村雅哉
企画:猿川直人
    谷徳彦
脚本:清野弥生
撮影:喜久村徳章
美術:磯見俊裕
編集:菅野善雄
音楽:ナンバーガール
音楽プロデューサー:北原京子
照明:豊見山明長
録音:臼井勝
助監督:西村和明

出演:宮崎あおい
    田辺誠一
    沢木哲
    天宮良
    石川浩司
    蒼井優
    伊勢谷友介
    りょう
    すずき雄作
    米岡ゆり
    芳賀優里亜
    半田美保子
    西満衣
    三村恭代
    三輪恵未
    佐々木麻衣
    椎名英姫
    頭師佳孝
    寺島進
    石丸謙二郎
    光石研
    大森南朋
    大沼百合子
    戸田昌宏
    木下ほうか

STORY
中学1年生の少女サチ子は、父親の不在や母親の自殺未遂など、
不安定な環境に今にも押し潰されそうになっている。
学校に行くこともなく街をぶらついていると、
浮浪少年タカオと精神薄弱のキュウゾウに出会い、
彼らと一緒に過ごすうち、サチ子は少しずつ変わり始める・・・。


とっても不思議な不思議な映画でした。
いろいろ考えても未だにワケわからないところ残ってるし。
もう1回見たい。

とにかく、観客に与えられる情報が少ない。
だから限られた台詞や映像から登場人物たちの設定、背景、
関係、感情、などなどを推測しながら見ていかなかればならない。
解釈は自分次第ってことだろうか。
よくわからないことだらけだけど、おもしろいと思えた。

塩田監督のほかの作品を見てみたい。

鑑賞方法:タッカーホール@立教大学(上映会)
大学の授業中に見た映画なんだけど、
少し遅れて行ったので、タイトルがわからんのです。
たぶんアメリカ映画、カラーで、数年前の映画かなぁ。
内容は、典型的なホラー・パニック!

どういうわけか、森に囲まれた一軒の家にやってきた若い男女数人。
その森には殺人鬼が潜んでいて、
一人、また一人と、仲間の姿が消えていく。
その殺人鬼が住む不気味な家には殺された仲間の死体が。
最後に残ったのは、金髪の女の子。
森の中で、電ノコを振りかざして追ってくる殺人鬼、
悲鳴をあげて逃げる女の子。
・・・って、もう、これはコメディかい?
笑っちゃったわよ!!

しかも、終わり方が中途半端。
女の子はなんとか車道に出て、一台のトラックを止める。
血まみれの彼女を見て、車から降りる運転手。
そこに、電ノコを持った殺人鬼も現われ・・・
・・・結局、彼女は逃げ切るが、すでに発狂状態。
トラックの運転手はそこに置き去りのまま。
殺人鬼もおそらく健在。
こんな終わり方ってアリかい?
先生はなぜこんな映画を生徒に見せたんだろ?

でも、笑った。可笑しかったな!

この映画のタイトル知ってる人、教えてください。

鑑賞方法:8号館@立教大学(授業)/字幕






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2003.07 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。