FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


THE BIRDS
1963年 アメリカ
120分 サスペンス

監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ダフネ・デュ・モーリア
脚本:エヴァン・ハンター
撮影:ロバート・バークス
音楽:バーナード・ハーマン
 
出演:ティッピー・ヘドレン
    ロッド・テイラー
    スザンヌ・プレシェット
    ジェシカ・タンディ
    ヴェロニカ・カートライト
    ドリーン・ラング
    エリザベス・ウィルソン

STORY
奔放で気まぐれな社長令嬢メラニーは、
ペットショップで出会った若い弁護士ミッチに小鳥を届けるため、
内緒でミッチを追ってデボラ湾にある彼の家に向かう。
彼女は海辺で、ふいに一羽のカモメに額をつつかれる。
翌日、カモメだけでなく、スズメやカラスなどのあらゆる野生の鳥たちが、
大群となって次々と人間を襲い始めたのだ。
刻一刻と増え続ける鳥たちに、小さな町は大混乱に陥る・・・。


初めてヒッチコック監督作品を見た。
やはり才能ある人なんだと思った。

ただ鳥が襲ってくるだけ・・・なのにすごい不気味。
殺人鬼も幽霊も出てこないけど、
もしかしたら現実に有り得ない話ではないからリアルに怖い。
鳥籠はモチーフだろうか。
籠に入れられた小鳥たちを放し飼いはできないとメラニーは言う。
しかし、カモメやカラス、スズメなどの鳥たちが人間を襲い始め、
家の中に閉じ込められたのは人間たち。立場逆転。
家から逃げ出したときの、外の光景が忘れられない。
終末観というか、人類の滅亡を思わせる光景。
雲間から差す陽射しも印象的。

なぜあんなにたくさんの鳥が集まり、人間を襲うようになったのか、
理由は一切明かされない。それが余計に怖い。
BGM代わりの鳥の鳴き声や羽ばたきの音も効果的。

当初の脚本では、メラニー達がサンフランシスコへ逃げると、
そこもすでに鳥たちに襲われ、廃墟と化していた、とゆー結末。
でもそれじゃ、あまりにも絶望だってゆーんで、
ボデガ湾から逃げるところで終わらせたらしい。
それでも充分に希望が少ない終わり方だと思うけど。

ホラーやパニック映画では、
主役に金髪の女性を持ってくることが多いけど、これもまた然り。
しかも世間知らずの箱入りお嬢様。
中盤からたくましくなってくけどね。
アニーとの関係は中途半端に終わっちゃった。
ミッチはただのマザコン男だ。
うーん。ストーリーはあんま気にしないでいいやー。

40年も昔の作品だけど、この恐怖は新しく感じた。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト

パニック・ルーム
PANIC ROOM
2002年 アメリカ
113分 サスペンス

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:セアン・チャフィン
    ジュディ・ホフランド
    デヴィッド・コープ
    ギャヴィン・ポローン
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:コンラッド・W・ホール
    ダリウス・コンジ
編集:ジェームズ・ヘイグッド
    アンガス・ウォール
音楽:ハワード・ショア

出演:ジョディ・フォスター
    フォレスト・ウィッテカー
    ジャレッド・レト
    クリステン・スチュワート
    ドワイト・ヨアカム
    パトリック・ボーショー
    イアン・ブキャナン
    アン・マグナソン
    アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
    ポール・シュルツ
声の出演:ニコール・キッドマン

STORY
夫と離婚したばかりのメグは、11歳の娘サラを連れて、
ある富豪が残したニューヨークの豪邸に越してきた。
その夜、3人の強盗が屋敷に押し入ってきた。
メグとサラは、緊急避難用の鋼鉄製の密室パニック・ルームに逃げ込む。
しかし3人の目的はそのパニック・ルームにあった・・・。


予告編でかなり期待してました。
オープニングのクレジットタイトルにも引き込まれた。
けど、期待外れだったみたい。

犯人がバカなんだよねー(バーナムを除いて)、
ジャレッド・レトの汚れ役だけど、うー、うざい。
犯人側の「どうやって中にはいるか?」と
アルトマン母子の「どうやって外に出るか?」という、
頭脳対決で、もっとサスペンス色が強いのかと思ってたんだけどね。

フィンチャー監督の作品には謎の結末や、
はっきりわからなくモヤモヤする感じってのがあると思うんだけど、
『パニック・ルーム』はけっこー明快で、
終わり方にもう一捻り欲しかった。
か、公園のメグとサラのシーンをカットするとかさ。

途中でパニック・ルームの内外が逆転する構図は好き。
パニック・ルームに入ってる方がパニックになってたり。
カメラワークも監督らしくて。
つまらないわけじゃないんで、それなりに楽しめたけど。

鑑賞方法:TV/吹替

クリビアにおまかせ!
JA ZUSTER, NEE ZUSTER/YES NURSE! NO NURSE!
2002年 オランダ
102分 コメディ/ミュージカル

監督:ピーター・クラマー
原作:アニー・M・G・シュミット
脚本:フランク・ハウトアッペルス
    ハリー・バニンク
    ピーター・クラマー
撮影:ピヨッター・クックラ

出演:ルス・ルカ
    パウル・R・コーイ
    チツケ・ライディンハ
    パウル・ドゥ・レウ
    ワルデマル・トーレンストラ
    エド・ブレンナー
    レナート・ヴァンダー
    ベップ・コスタ
    フリッツ・ランブレヒツ

STORY
サクラ草通りにある療養所“クリビア・ホーム”の女主人クリビアは、
陽気で面倒見がいいナースで、住人たちのお母さん的存在。
要領が悪くても自分の夢を信じる風変わりな住人たちと楽しく暮らしている。
しかし大家のボーデフォルは、騒々しい住人たちを追い出そうと、
裕福な老人向け高級療養所を作る計画を裏で練っていた。
そんなある日、彼はひょんなことから“良い人になる”薬を服用してしまい、
突然クリビアや住人たちに優しく振る舞うようになった・・・。


えぇっとー、オランダで人気だったTVドラマのリメイクらしいです。
とても懐かしい気持ちがしたのはなぜでしょう?
“ご近所ミュージカル”は初めて見るはずなんですけど。

かなりウケて笑っちゃいました。
「ありえねー!」って突っ込みどころ満載です。
クリビア自身の幸せが気になります。

ヤ~シスタ~、ネ~シスタ~♪って歌が頭から離れません。

鑑賞方法:DVD/字幕

Re:プレイ
THE I INSIDE
2003年 イギリス
92分 ミステリー/サスペンス

監督:ローランド・ズゾ・リヒター
製作:ルディ・コーエン
    マーク・ダモン
製作総指揮:アンドレアス・グロッシュ
        アンドレアス・シュミット
原作戯曲:マイケル・クーニー
脚本:マイケル・クーニー
    ティモシー・スコット・ボガート
撮影:マルティン・ランガー
音楽:ニコラス・パイク
 
出演:ライアン・フィリップ
    スティーヴン・レイ
    ロバート・ショーン・レナード
    スティーヴン・ラング
    ピーター・イーガン
    パイパー・ペラーボ
    サラ・ポーリー
    スティーヴン・グラハム

STORY
病院に緊急搬送されたサイモンは、2分間の心拍停止に陥るが、
医師たちの懸命な措置により奇跡的に命を取り留めた。
ところが目覚めると、彼は過去2年間の記憶を失っていた。
そんな彼のもとに金髪の女が訪れ、彼の無事を知って安堵するが、
何も思い出せないと聞くと驚いて去ってしまった。
今度は妻だと名乗る黒髪の女が現われるが、
サイモンは自分が結婚していたことも思い出せずに混乱する。
やがて彼は、兄ピーターに会いに行く途中で交通事故に遭ったことを思い出すが、
アンナは、ピーターはもうこの世にはいないと言う。
さらに「ピーターを殺したのはあなたよ」と口走るのだ・・・。


1回見ただけじゃさっぱりわかりません。頭がハテナ状態。
喪失した過去2年間の記憶の破片を、
パズルのように組み合わせていく。
過去と現在を行ったり来たり、時間軸が狂うだけじゃなくて、
現実と虚構の2つの世界が交錯するからさらにややこしい。

結局はサイモンが兄ピーターを殺したのは事実で、
その過去を変えようとしたらピーターは生き残ったが、
今度は愛するクレアが死んでしまったってこと?
きっとサイモンはピーターとクレアの両方が生き残るまで、
何度も過去に遡っては過ちを消そうと奔走するんだろうな。

終わり方があっけなさすぎて物足りない。
本編からエンドクレジットに入った瞬間、
一緒に見ていた友達と目を合わせて「は?」って感じでした・・・。

もう1回、2回、自分なりの理解できるまで見続けたら、
評価が上がるかもしれないけど、
今回は友達の家で1度きりしか見れなかったのでこの評価どまりです。
残念です。こーゆー時系列がズレる話はけっこー好きなのに。

パイパー・ベラーボは2作目。
『コヨーテ・アグリー』とは随分雰囲気が変わって、
なかなか気がつかなかったよ。
ライアン・フィリップも実はまだ2作目だけど、なぜだか好き。
妻リース・ウィザースプーンに劣らずがんばって欲しいものです。

鑑賞方法:DVD/字幕

オズの魔法使
THE WIZARD OF OZ
1939年 アメリカ
102分 ミュージカル/ファンタジー

監督:ヴィクター・フレミング
製作:マーヴィン・ルロイ
原作:ライマン・フランク・ボーム
脚本:ノエル・ラングレー
    フローレンス・ライアソン
    エドガー・アラン・ウールフ
撮影:ハロルド・ロッソン
    ナタリー・カルムス
作詞:E・Y・ハーバーグ
作曲:ハロルド・アーレン
音楽:ハーバート・ストサート

出演:ジュディ・ガーランド
    バート・ラー
    ジャック・ヘイリー
    レイ・ボルジャー
    ビリー・バーク
    マーガレット・ハミルトン

STORY
カンザスの農場でアンおばさん夫婦と暮らす少女ドロシーは、
近所の意地悪なミス・ガルチが愛犬トトを処分するのを恐れて、
ある日、トトを連れて家を飛び出した。
すぐに思い直して家へ帰るが、大きな竜巻が急接近中で、
農場の人はみな避難して家には誰もいない。
ドロシーは家の中で頭をぶつけ、気を失ってしまう。
目を覚ますと、外はカンザスではなく、
オズの国で暮らすマンチキンという小さい人々の街だった。
竜巻でドロシーは家ごと吹き飛ばされてしまったのだ・・・。


永遠の名作と言われるほど、
アメリカで広く愛されている超有名な作品。
幼稚園の頃に、お遊戯会で『オズの魔法使』の劇をやって、
たしかわたしはカカシの役だったかな~。
曖昧に記憶してたストーリーがやっとはっきりした。

おさげ髪のジュディ・ガーランドはかわいいね。
田舎の素朴な女の子って感じで、水色のドレスが印象的。
ドロシーが歌う“Over the Rainbow”を覚えてみようと思った。
サビ以外の歌詞を読むのも初めてだったし。
この歌のように、夢の国を求めることは人間の普遍的欲求と言える。
でもこれは現実逃避かもしれない。でもすっごくすっごく共感した。
幸せな青い小鳥たちが虹を越えられるのなら、
わたしにだって虹を越えて夢の国へ飛んでいけるはず!ってね。
はぁ・・・やっぱり現実逃避以外の何でもない。

オズの国でいろいろ経験したドロシーのように、
“There's no place like home!”って悟らなくちゃいけないの?
素晴らしい主題ではあるけれど、
100%そのまま受け入れることできないよ、今のわたしには無理。

素直に受け入れられない理由の一つに、
ドロシーはオズの国に飛ばされる前から“いい子”であったこと。
彼女には欠点やトラウマ、挫折があったわけじゃないから、
改善すべき点も乗り越えるべき壁もないし、成長物語ではない。

カンザスにおいて、ガルチさんの登場シーンに使われているBGMは、
『アリーmy love』でリンが登場する時のBGMだった!
びっくりよー。
ほかにも『オズの魔法使』の台詞や映画そのものへ言及が、
たくさんのアメリカ映画の中で登場しているらしい。
オズ文化が広く深くアメリカ人に親しまれているってことね。

鑑賞方法:DVD/字幕

ブラック&ホワイト
BLACK AND WHITE
1998年 アメリカ
97分 サスペンス
日本未公開

監督:ユーリー・ゼルツァー
製作:ラム・バーグマン
    ダナ・ラスティグ
    ナタン・ザハヴィ
製作総指揮:ロバート・L・レヴィ
        ピーター・エイブラムス
脚本:ユーリー・ゼルツァー
    レオン・ゼルツァー
撮影:フィル・パーメット

出演:ジーナ・ガーション
    ロリー・コクレイン
    ロン・シルヴァー
    マーシャル・ベル
    アリソン・イーストウッド
    バリー・プリマス
    ロス・パートリッジ
    カール・アンソニー・ペイン

STORY
ロサンゼルス、左目を銃で打ち抜かれるという、
猟奇的な連続殺人事件が発生していた。
警官になったばかりの新人クリスは、
やり手の敏腕女刑事のノラと組んで事件を担当することになる。
事件の捜査を進めていくうちに、2人は恋の仲になるが、
出てくる証拠はすべてノラを犯人と裏付けるものだった・・・。


な、なんと『エンパイア・レコード』のルーカスじゃないかぁっ!
ちょうど友達と「彼はどうしてるんだろうね~」って話した矢先に、
たまたま見た映画にロリー・コクレインが出てるなんてっ。

クリスを魅了するノラにまったく魅力を感じられなかったので、
全然ストーリーにのめり込めなかった・・・真犯人もわからなかった。
ま、同情はするけど(ノラにもクリスにも)。
クリスがなぜノラと同じような警官になっちゃったのかわからない。
それほど彼女を愛していたってこと?
それとも、彼女を信用できず殺してしまったことへの罪滅ぼし?
あんま喜ばしいことではないわ。

冒頭の殺人シーンで犯人は右利きだったのに、
ノラの弟マイケルは左利きじゃん。辻褄あわないじゃん。

鑑賞方法:TV/字幕

天才マックスの世界
RUSHMORE
1998年 アメリカ
96分 青春/ロマンス/コメディ
日本未公開

監督:ウェス・アンダーソン
製作:バリー・メンデル
    ポール・シフ
製作総指揮:ウェス・アンダーソン
        オーウェン・ウィルソン
脚本:ウェス・アンダーソン
    オーウェン・ウィルソン
撮影:ロバート・D・イェーマン
音楽:マーク・マザースボウ
    ピート・タウンゼント

出演:ジェイソン・シュワルツマン
    ビル・マーレイ
    オリヴィア・ウィリアムズ
    シーモア・カッセル
    ブライアン・コックス
    メイソン・ギャンブル
    サラ・タナカ
    スティーヴン・マッコール
    ルーク・ウィルソン
    コニー・ニールセン
    アレクシス・ブレデル

STORY
名門私立ラシュモア校に奨学生として通う15歳の少年マックスは、
数多くの課外活動を掛け持ちし、人並み外れた才能を持ちながらも、
勉強以外のことに夢中で成績は急降下中の落ちこぼれ。
成績を上げないと退学だと校長に言われてしまった。
そんな彼が赴任してきたばかりのクロス先生に一目惚れし、
水槽で魚を飼う彼女のために、学校に水族館を建設しようとする・・・。


日本未公開か・・・うーん日本じゃ売れないかな?
未公開に埋もれたなかなかの傑作だと思うんだけど。
邦題ほどB級じゃないし、アメリカではけっこー評価されてるらしい。

マックスはある意味、本当に天才かも。
19もの課外活動をこなし、
行動力と創造力とリーダーシップ性に長けている。
それ故にプライドが高いんだろうし、
妙に大人びてるところもあるし、
もっと15歳の少年らしくしていいんだよ。

これはマックスの成長物語だね。
やはり天才にも失敗や挫折があり、
大切なのは、
そーゆー壁にぶち当たったときにどう行動するかってこと。

ビル・マーレイ。好きだー。
このおっさんは“哀愁”に満ちた中年男を演じるのが本当にうまい!
ウェス・アンダーソン監督の
『ザ・ロイヤル・テネンバウムス』も見ねば!

BGMの使い方がいいなー。
画と歌がセットで印象に残る。
洋楽は詳しくないから知らない歌ばっかの中、
ジョン・レノンの“OH YOKO”が流れてました(笑)

邦題は愚題。
マックスにとってラシュモアが何たるかをわかってない。

鑑賞方法:DVD/字幕

RONIN
RONIN
1998年 アメリカ
122分 アクション

監督:ジョン・フランケンハイマー
製作:フランク・マンキューソ・Jr.
脚本:J・D・ザイク
    リチャード・ウェイズ
撮影:ロバート・フラッセ
音楽:エリア・クミラル
 
出演:ロバート・デ・ニーロ
    ジャン・レノ
    ナターシャ・マケルホーン
    ステラン・スカルスガルド
    ショーン・ビーン
    スキップ・サダス
    ジョナサン・プライス
    ミシェル・ロンズデール
    カタリーナ・ヴィット
    フェオドール・アトキン

STORY
アメリカ、フランス、ロシア、ドイツ、イギリスから、
元スパイの5人が、パリに集められた。
彼らは仕えるべき主人を失った“浪人”たち。
雇い主も目的も知らぬまま、アイルランド訛りのある女から、
ある人物から銀色のケースを盗み出すように指示を受ける。
ターゲットのいるニースに移動し、
綿密な計画とチームワークにより首尾よくケースを奪取するが、
裏切り者が出現し、ケースを奪い去ってしまった・・・。


1回目、眠くなって途中でストップしてしまったわ。
淡々と進んでいくとゆーか、展開が遅くて退屈しちゃったのよね。

デ・ニーロとジャン・レノが渋いんだわーかなり。
「何も聞かず、何も答えない」ルールを守りつつも、
お互いに信頼し合い友情が生まれちゃうんだね・・・
元スパイって孤独。かわいそう。

カーチェイスは見物!
CGを使わずに本当に撮影したらしく、リアルな迫力。
高級車がめっちゃくちゃに。

フランス、パリとニースが舞台で、美しいです。

鑑賞方法:DVD/字幕

隣のヒットマン
The Whole Nine Yards
2000年 アメリカ
99分 コメディ/犯罪

監督:ジョナサン・リン
製作:デヴィッド・ウィリス
    アラン・カウフマン
共同製作:ドン・カーモディ
       ジェームズ・A・ホルト
       トレイシー・スタンリー
製作総指揮:エリー・サマハ
        アンドリュー・スティーヴンス
脚本:ミッチェル・カプナー
撮影:デヴィッド・フランコ
プロダクションデザイン:デヴィッド・L・スナイダー
音楽:ランディ・エデルマン

出演:ブルース・ウィリス
    マシュー・ペリー
    ロザンナ・アークエット
    マイケル・クラーク・ダンカン
    ナターシャ・ヘンストリッジ
    アマンダ・ピート
    ケヴィン・ポラック

STORY 
カナダのモントリオールで歯科医を開業中のオズは、
妻ソフィの父親が残した借金を抱え、夫婦仲はすっかり冷えきっていた。
ある日、そんな夫婦の隣家に、チューリップの刺青をした男が越してきた。
彼はジミー・ザ・チューリップと呼ばれる凄腕のヒットマン。
シカゴを牛耳るマフィアのボスを裏切って死刑に追いやった過去があり、
その首にはマフィアにより懸賞金がかけられていた。
奇妙な隣人に最初は戸惑うオズだが、なぜかすぐに打ち解ける。
しかし、報奨金が欲しいソフィアにそそのかされ、
ジミーの居場所をマフィアに密告するためにオズはシカゴへ向かった・・・。


あははーおもしろいなー(薄っぺらいけど)。。。
ブラックコメディは好きなジャンルなので、楽しみました。
でも若干、スパイスが足りないってゆーか、
ハッピーエンドで良かったけど、うまくまとまりすぎで、
もうちょっとシニカルな終わり方でもよかったのでは。

オズの視点が観客の視点なのかな、一番マトモな。
でも、次第に常識がわかんなくなってくるー。
笑顔でどんどん人を殺しまくってるジミー・ザ・チューリップ。
でも優しさがありすぎるぞ・・・フランキーを殺さなくてもいいじゃん。

ブルース・ウィリスは演技に余裕があったねー。
気を抜いて(手を抜いて?)いたという感じで。
『フレンズ』はちゃんと見たことがなくて、
マシュー・ペリーを見るのは初めて。
『アリーmy love』にゲスト出演してたっけ。

なんでカナダを舞台にしたんだろ。
モントリオールに行ってみたいな。

鑑賞方法:TV/吹替






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2004.10 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。