FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS
2000年 日本
129分 ドラマ/コメディ/ファンタジー

監督:本広克行
製作:横山茂幹
    阿部秀司
    鈴木敏夫
    高井英幸
    小野清司
プロデューサー:奥田誠治
          井上健
          堀部徹
          安藤親広
製作総指揮:萩原敏雄
企画:戸谷仁
原作:佐藤マコト
脚本:戸田山雅司
撮影:藤石修
美術:部谷京子
編集:田口拓也
音楽:渡辺俊幸
照明:水野研一
録音:芦原邦雄
監督補:羽住英一郎
 
出演:安藤政信
    鈴木京香
    内山理名
    松重豊
    小野武彦
    寺尾聰
    八千草薫
    小木茂光
    深浦加奈子
    半海一晃
    田中要次
    川端竜太
    高松英郎
    藤木悠
    武野功雄

STORY
乖離性意志伝播過剰障害者、通称“サトラレ”とは、
思ったことを口に出さなくても周りの人々に“悟られ”てしまうという、
1000万人に1人の確率で存在する不思議な能力を持つ人のことである。
彼らは例外なく天才的な知能を有するが、自分がサトラレであることを知らない。
それを自覚してしまえば、精神的に耐えられる者などいないからだ。
ある日、サトラレを国家財産として保護する特能保全委員会から、
精神科医の小松洋子がサトラレ里見健一のもとに送り込まれた。
外科臨床医となった健一を新薬研究への道に導くことが彼女の任務であった・・・。


途中までは完全にコメディでしたねぇ。
漫画みたいなノリだった。
洋子さんがサトラレの孤独に触れ、気持ちが揺れ動くと、
一気にヒューマンドラマへと引き込む。
けど、泣ける感動映画ってほどじゃなかった。

サトラレにサトラレと自覚させないために、国がどれだけ金をかけ、
委員会の徹底的な保護っぷりも素晴らしかったですけど、
つまり、それだけの代償を払っているってことは、
彼らの人権の保護があーだこーだってんじゃなくて、
彼らの能力を社会に貢献させることがいかに重要かってことなのね。
現場と会議室の温度差はよくわかりました。
どっかで見たことあるような対立構造だけど。

無人島のエピソードは不自然で浮いてる様。
初めての海にはしゃぐ健一、ってか安藤君を見れたのは良かったけど、
孤独に暮らすサトラレ1号を登場させるには、
どーにかして無人島に行かせるしかなかったのだろうか。

終盤の「ばあちゃん、ごめんよ、ごめんよ、ばあちゃん・・・」は、
かなりくどく感じ、他に言うことねーのかよ?と思った。
けど、あれが健一の単純で優しいところなんだなー。
きっと邪悪なサトラレはいない気がする。

あの結末は、ま、しょうがないっかぁ。
バレちゃったら絶対に生きていけないだろうし。
100%納得&満足できる結末は無さそうだもの。

八千草ばあちゃんかわいかった!
あと、小型くじら飼ってみたい!

鑑賞方法:TV
スポンサーサイト

ミッドナイト・ラン
MIDNIGHT RUN
1988年 アメリカ
126分 アクション/コメディ

監督:マーティン・ブレスト
製作:マーティン・ブレスト
製作総指揮:ウィリアム・S・ギルモア
脚本:ジョージ・ギャロ
撮影:ドナルド・ソーリン
音楽:ダニー・エルフマン
 
出演:ロバート・デ・ニーロ
    チャールズ・グローディン
    ヤフェット・コットー
    ジョン・アシュトン
    デニス・ファリナ
    ジョー・パントリアーノ
    ロイス・スミス
    リチャード・フォロンジー
    ロバート・ミランダ
    ジャック・キーホー
    ウェンディ・フィリップス
    ダニエル・デュクロス
    フィリップ・ベイカー・ホール

STORY
LAでバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)を稼業とするジャック・ウォルシュは、
マフィアから1500万ドルも横領した会計士デュークを捕らえる依頼を受ける。
ウォルシュは難なくNYでデュークを捕らえLAへ連れて帰ろうとするが、
デュークの命を狙うマフィアと、マフィアのボスを追うFBIの両者から追撃され、
さらにライバルのバウンティ・ハンターもデュークを捕らえようとしていた・・・。


ロード・ムービーの傑作ですね。
NYからLAまで、飛行機、列車、バス、自動車、あれやこれや・・・。

デュークを取り巻くいろんな人間の思惑が交差する。
登場人物がみんなユニークでマヌケで憎めないんだよね~。
根っからの悪党が一人も登場しないとゆー、
監督の優しさが感じられます。

さすがのデ・ニーロは余裕のある演技で、
軽いタッチのこの役を楽しそうに演じている。
ウォルシュとデュークの2人の掛け合いがいいんだよね。
不本意な賞金稼ぎという仕事に自分の信念を貫き通そうとするウォルシュと、
会計士としての誇りから、横領した大金を福祉に寄付したデューク。
2人とも決して諦めず決して凹まない。

ぜひ真似してみたい名ゼリフがいっぱい。
脚本がいいんだわー
ありがちな展開を、テンポよく飽きさせない。

余計な暴力描写や銃撃シーンも抑え目で、猥雑なシーンもなく、
娯楽に徹して作ったんでしょうね。

鑑賞方法:BS/字幕

アイ・ラブ・ヒットマン
LIFE WITHOUT DICK
2001年 アメリカ
96分 ロマンス/コメディ
日本未公開

監督:ビックス・スカヒル
製作:エミリー・スティーヴンス
    ハッピー・ウォルターズ
    マット・ウィーヴァー
製作総指揮:イレーナ・ダグラス
脚本:ビックス・スカヒル
撮影:ジェームズ・グレノン
音楽:デヴィッド・ネッシム・ローレンス
 
出演:サラ・ジェシカ・パーカー
    ハリー・コニック・Jr.
    ジョニー・ノックスヴィル
    クレイグ・ファーガソン
    テリー・ガー
    ジェフリー・ブレイク
    クラウディア・シファー
    エリク・パラディーノ

STORY
占い師の助言により、恋人ディックが浮気をしていると思い込んだコリーンは、
普段は実弾が入っていないはずの銃でディックを脅しにかかるが、
その銃には実弾が込められていて、本当に彼を射殺してしまった。
その時、画商と名乗るダニエルという男がコリーンのもとを訪ねてきた。
彼は、本当はアイリッシュ・マフィアの一味で、
ボスの浮気調査をしていた探偵ディックを始末するよう送り込まれるが、
過去に一度も殺しの経験がない弱気なヒットマンだった・・・。


最初はおもしろかったんだけどなー
ディック射殺のシークエンスは遊び心いっぱいで◎
が、徐々にペースダウンです。

とにかく登場人物がアホばっかで、
金髪コリーンはほんとに頭かっらぽそう。
とぼけた顔で飄々と殺しをやってのけるコリーンは、
サラ・ジェシカ・パーカーにぴったりな役なのかも。

ハリー・コニック・Jr.は本当のジャズ・シンガーなんで、
気弱で男の見せ所がないダニエルでも、
歌い始めると途端にクールな雰囲気を漂わせます。
うーん、ほんと歌がうまい人ってそれだけで得。

もっとドタバタ・ラブコメ(+ブラック)を期待してたんだけど、
あっさり終わってしまった。

鑑賞方法:TV/字幕

IN DREAMS/殺意の森
IN DREAMS
1998年 アメリカ
100 分 サスペンス/ホラー/ミステリー
日本未公開

監督:ニール・ジョーダン
製作:スティーヴン・ウーリー
原作:バリ・ウッド
脚本:ニール・ジョーダン
    ブルース・ロビンソン
撮影:ダリウス・コンジ
編集:トニー・ローソン
音楽:エリオット・ゴールデンサール
 
出演:アネット・ベニング
    エイダン・クイン
    ロバート・ダウニー・Jr.
    スティーヴン・レイ
    ポール・ギルフォイル
    ジェニファー・ベリー

STORY
1965年、ノースフィールドという町が貯水湖の底に沈んだ。
それから32年後、その人工湖のほとりに住むクレアは、
パイロットの夫と娘レベッカと、平穏だが幸せな日々を送っていた。
ところが、町で少女誘拐事件が発生したのを境に、
クレアは誘拐された少女の夢を見るようになる・・・。


アネット・ベニング・・・『アメリカン・ビューティー』で見てから、
この人のほかの作品を見てみたかったのー!
ここでもかなりのヒステリックぶりを発揮してるぞ。

『ギフト』や『ホワット・ライズ・ビニース』を彷彿させるような、
でもサスペンス色やホラー色はそんなに濃くない。
始めのうちは、不可解な夢に冷静でいられるクレア、
「私の夢には解説者が必要ね」って言えるくらい。
けど白昼夢を見るようになってからは、崩れるようにおかしくなっていく。
半狂乱ってゆーよりも、完全に狂ってるように見える。
あんな錯乱状態じゃ何を言っても、狂人の戯言にしか聞こえない。
そんなクレアを決して見捨てない夫ポールの優しい表情が救われる。

無理のない展開で、犯人ビビアンの真相が見えてくると、
クレアは見違えたように冷静さを取り戻す。
ビビアンに導かれて2人が対面した後は・・・
犯人は意外と人間的で、それまでの不気味な感じがなくなっちゃった。
終盤は並のクライム・アクション映画っぽい。
最後だけやたらホラーだし(笑)、なくてもいい。

出演してることを忘れかけたころにやっと登場したのが、
ロバート・ダウニー・Jr.、長髪がキモイなぁ・・・。
彼は映画ではわりとアウトローな役が多いみたいだけど、
『アリー・my・ラブ』のラリー役のおかげで、
すっかりインテリな弁護士のイメージがある故・・・。

「赤」というモチーフカラーや、白雪姫や林檎の使い方や、
水の中の映像もキレイで、幻想的でなかなか○でした。

鑑賞方法:TV/字幕

アンダー・サスピション
UNDER SUSPICION
2000年 アメリカ
110分 サスペンス/犯罪/ドラマ

監督:スティーヴン・ホプキンス
製作:アン・マリー・ギレン
    スティーヴン・ホプキンス
    ロリー・マクレアリー
製作総指揮:ベル・ロス
        モーガン・フリーマン
        ジーン・ハックマン
        モーリス・ルブロンド
原作:ジョン・ウェインライト
原案:クロード・ミレール
    ジャン・エルマン
    ミシェル・オーディアール
脚本:W・ピーター・イリフ
    トム・プロヴォスト
撮影:ピーター・レヴィ
編集:ジョン・スミス
音楽:BT
 
出演:ジーン・ハックマン
    モーガン・フリーマン
    トーマス・ジェーン
    モニカ・ベルッチ
    ミゲル・アンヘル・スアレス

STORY
プエルトリコ島の港町サンファン、ウィンター・フェスティバルで賑わうこの町で、
2人の少女がレイプされ殺されるという連続事件が起きた。
ベテラン警察署長ヴィクター・ベネゼーは、
2人目の少女の遺体を発見した税務弁護士ヘンリー・ハーストを疑っていた。
ハーストはベネゼーの尋問に曖昧な答えを繰り返し、証言を二転三転させる。
やがて、町の名士であるハーストの隠された秘密が明らかにされていく・・・。


延々とモーガン・フリーマンとジーン・ハックマンの2人芝居。
会話が中心で、展開が遅く、淡々としてるんで、
ハマれば面白いけど、そうでなければ途中で寝ちゃうかも。
わたしはハマっちゃいました。

フラッシュバックの使い方がおもしろいなーと。
舞台は警察署内でたった数時間のことなのに、
単なる回想って感じじゃなくて、ベネゼーも入り込んで会話しちゃうなんて、
空間と時間の幅が広がり、真実味も増すので◎でした。

まーサスペンスなんだけど、最後のどんでん返しは期待してなかった。
ハーストが罪を認めて、はぁ~と安堵の溜め息。
いきなり真犯人を現行犯逮捕だなんて、展開を一瞬見失ってしまったぞ。
あれはつまり、最愛の妻シャルタンにも疑われていることを知って、
絶望的になったハーストは自暴自棄になって嘘の自白をしたと?
それまではどんな状況証拠を挙げられようと、隠された性癖を明かされようと、
堂々とユーモアさえ披露するほど余裕があったのに、
証拠写真を突きつけられた(=シャルタンが捜査に協力したと知った)時の、
あの表情・・・うーーん、どう読めばいいのだろう?

実はハーストは、シャルタンが犯人ではないかと疑っていて、
彼女をかばって自白した、という説もあるらしい。
それを念頭にもう一度見たけど、シャルタンが怪しいようには見えなかった。
どーせなら明らかに怪しく、ベネゼーやオーエンスも疑わしき人物に描いてよ。

疑っていた夫が犯人ではないと知ったシャルタンが、
町に出て夜景を見下ろして身を投げ出しそうになるシーンは切ないです。
思い留めて、警察署から遅れて出てきてハーストに歩み寄るが、
妻に疑われたことがショックだったハーストはシャルタンをかわす。
少し離れたベンチに座って視線を合わせる2人。
たぶん、2人の関係は修復不可能な気がする。
でも、2人の距離は前より少し近づいたんじゃないかな。
少なくとも、18mの廊下で隔てられている時よりかは近い。

終始シリアスな登場人物たちと、フェスティバルで活気付いた町と人々が、
対照的で、キャラが際立っているようです。
あと、モニカ・ベルッチがセクシー♪

鑑賞方法:TV/吹替

ベティ・サイズモア
NURSE BETTY
2000年 アメリカ
112分 コメディ/サスペンス

監督:ニール・ラビュート
製作:スティーヴ・ゴリン
    ゲイル・マトルー
製作総指揮:モリッツ・ボーマン
        スティーヴン・ペヴナー
        クリス・ジーヴァニッヒ
        フィリップ・ステュアー
原案:ジョン・リチャーズ
脚本:ジョン・リチャーズ
    ジェームズ・フラムバーグ
撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ
音楽:ロルフ・ケント
 
出演:レニー・ゼルウィガー
    モーガン・フリーマン
    クリス・ロック
    グレッグ・キニア
    アーロン・エッカート
    ティア・テサダ
    クリスピン・グローヴァー
    プルイット・テイラー・ヴィンス
    アリソン・ジャネイ
    キャスリーン・ウィルホイト
    エリザベス・ミッチェル
    スーザン・バーンズ

STORY
カンザス州の小さな町でウェイトレスとして働くベティは、
車のセールスマンの夫デルとの仲がうまくいかず、
昼メロドラマ“A Reason to Love”の主人公ディヴィッドに夢中。
ある日、デルが持ち逃げしたドラッグを追って町にやって来た二人組に、
デルが殺される現場を目撃してしまったベティは、
ショックで現実とドラマの区別がつくなくなってしまう。
ベティは、ディヴィッドを昔の婚約者だと思い込むと、
彼に会いに1人でロサンゼルスへと向かう・・・。


ベティはレニー・ゼルウィガーにぴったりのはまり役だねぇ。
共感はまったくできないし、こっちがイライラするほど人が良くて、
無防備で、無垢で、弱くて、非現実的で、
でもなぜだか応援したくなっちゃう主人公。
誰も彼も、憎めないキャラクターばっか。

ベティの後を追ううちに、彼女を神聖化して、
恋心を抱いてしまうモーガン・フリーマンも妙演です。
裏の汚い世界で生きる自分の中に、自然や平和を愛する部分を見出して、
ベティと似た者同士だなんてこじつけて、
まるでベティは表の世界で清く正しく生きることの象徴のよう。
闇のグランド・キャニオンで、幻想のベティと抱き合うシーンなんて、
今までの重厚なイメージとのギャップがあってなかなか笑えます。
幻の青いドレスのベティは、『オズの魔法使』のドロシーみたい。

デルの殺され方はけっこー血生臭かったけど、
そのノリで、完全なブッラク・ユーモアに仕上げて欲しかったです。
もっとベティのキレっぷりとか、常軌を逸する行動とかをね。
M・フリーマンの最期のシーンを見せないのは、ちょっとキレイすぎ。

終わり方もベティらしくて、微笑ましいですね。
かくしてドロシーの夢は叶ったわけです。

鑑賞方法:TV/字幕

人喰い人魚伝説
SHE CREATURE/MERMAID CHRONICLES PART 1: SHE CREATURE
2000年 アメリカ
89分 ホラー/ミステリー/サスペンス
TVM

監督:セバスチャン・グティエレス
製作:ルー・アーコフ
    コリーン・キャンプ
    スタン・ウィンストン
製作総指揮:サミュエル・Z・アーコフ
        バディ・エプスタイン
        ロビン・ローゼンフェルド
脚本:セバスチャン・グティエレス
撮影:トム・キャラウェイ
音楽:デヴィッド・レイノルズ

出演:カーラ・グギーノ
    ルーファス・シーウェル
    ジム・ピドック
    レノ・ウィルソン
    マーク・エイケン
    フィンタン・マッケオワン
    オーブリー・モリス
    ギル・ベローズ
    リア・キルステッド

STORY
1905年、アイルランドの港町、
インチキ見世物小屋を運営する興行主のアンガスと恋人リリーは、
ヨーロッパからアメリカへ進出しようとしていた。
ある晩、彼らの見世物小屋を訪れた老人が、見世物の人魚は偽物だと言い放った。
慌てたアンガスとリリーは老人をなだめて、彼の家まで送り返す。
すると、老人の家には本物の人魚が生け捕りにされていた。
その人魚で大儲けできると考えたアンガスは、老人の家を襲い、
人魚を盗み出すとそのまま船でアメリカへと旅立った・・・。


『スプラッシュ』をホラーっぽくするとこーなるのかな。
邦題からしてコテコテのB級っぽいけど、けっこー真面目に作ってある。
変身前の人魚の造形がキレイすぎないのがいい。
水掻きとか腹鰭(?)や尾鰭も、生臭そうな感じで。
変身後の人魚は、いかにも“化物・怪物”で、変身していく様は笑いました。
グレムリンみたいな顔・・・でも人型(笑)

人魚の生態には謎が残る。
リリーを気に入って彼女を妊娠させたのは、
人魚の子孫を残すためと考えていいのかしら。
寸止めで殺さないってのは『エイリアン』みたいだ。
産まれた子供は普通の人間でいいのか?
満月の夜に人間になるその間は、凶暴性が消えて純真無垢な女の子のなったり、
一体、船長に何をさせたんだろう?
女王がほかの人魚に餌(人間)をやるシーンはよかった。

だんだんと狂気に取り付かれてくリリー役のカーラ・グギーノが、
半裸の人魚よりもずっと色っぽーい!
アンガス役のルーファス・シーウェルは、そんなに見たことないけど、
役に恵まれてない気がするなー。
あーでもずる賢そうなイメージが合ってるかもなぁ。
ギル・ベローズが汚れ役で出てました、すぐ消えちゃったけど。

鑑賞方法:TV/字幕






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2005.07 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。