FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

裏切り者 
THE YARDS
2000年 アメリカ
115分 サスペンス/犯罪/ドラマ

監督:ジェームズ・グレイ
製作:ニック・ウェクスラー
    ポール・ウェブスター
    ケリー・オレント
共同製作:マット・リーヴス
       クリストファー・グッド
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン
        ハーヴェイ・ワインスタイン
        ジョナサン・ゴードン
脚本:ジェームズ・グレイ
    マット・リーヴス
撮影:ハリス・サヴィデス
編集:ジェフリー・フォード
音楽:ハワード・ショア
 
出演:マーク・ウォールバーグ
    ホアキン・フェニックス
    シャーリーズ・セロン
    ジェームズ・カーン
    フェイ・ダナウェイ
    エレン・バースティン
    チャド・アーロン
    アンドリュー・ダヴォリ
    スティーヴ・ローレンス
    トニー・ムサンテ
    ヴィクター・アルゴ
    トーマス・ミリアン
    ロベルト・モンタノ
    ヴィクター・アーノルド
    ドメニク・ランバルドッツィ
    デヴィッド・ザヤス
    ルイス・ガス

STORY
NYのクィーンズ、仲間を庇い車の窃盗罪で服役していたレオが出所した。
彼は女手ひとつで自分を育ててくれた病弱な母のためにも、
まじめに人生をやり直す決意を固め、叔父フランクが経営し、
親友ウィリーも働いているエレクトリック・レール社で働き始める。
しかし、そこは賄賂や裏工作が蔓延する汚職の巣窟であり、
ウィリーに連れられるがまま、レオもその裏世界に足を踏み入れていく・・・。


陰々、鬱々、淡々。
実際の汚職事件を元にしてるだけあって、質は高いと思う。
真面目に作ってあるけど、ドラマ性は薄い。
レオの表情がいつも暗いように、画面も暗い。
でも人の顔を映し出す明暗の使い方が好き。
目元の窪みが影になって視線の見えない顔。
彫りが深い人種ならではだよなーあの意味深長な表情の見せ方は。

ずる賢そうな悪党が似合うホアキン・フェニックス。
スペイン語で“白人にはなれない”って言及されてたけど、
彼は白人じゃない?!ラテン系?プエルト・リコ生まれだし。
でも兄貴のリヴァー・フェニックスは金髪&青い瞳なんだけどなー。
ホアキン演じるウィリーは、始めの登場シーンからして、
野心的で保身的な親友、もとい、“悪友”って雰囲気。
完全悪に徹しきれず涙を流す場面も◎
レオよりもよっぽど人間的で存在感があった。

登場人物みーんな暗いんだよねー。
華となるべきエリカ役シャーリーズ・セロンだって、
黒髪に黒い服、黒いマニキュアにパンダ目メイクのパンク系。
嫌いじゃないけど。
いきなりエリカ死んじゃって、展開を一瞬見失った。
救いのない終わり方で・・・。

最後のレオの決断は、かっこつけすぎなような。
エリカを死なせてしまったからこその決断なんだろうけど。
結局はみんながみんな“裏切り者”なんだ。
根底にあるのは家族愛か。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト

ハイダウェイ
HIDEAWAY
1995年 アメリカ
105分 ホラー/サスペンス

監督:ブレット・レナード
製作:ジェリー・ベアウィッツ
    アガサ・ハンザコウスキー
    ギメル・エヴェレット
原作:ディーン・R・クーンツ
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
    ニール・ヒメネズ
撮影:ゲイル・タッターサル
音楽:トレヴァー・ジョーンズ
 
出演:ジェフ・ゴールドブラム
    クリスティーン・ラーチ
    アリシア・シルヴァーストーン
    ジェレミー・シスト
    アルフレッド・モリナ
    レイ・ドーン・チョン

STORY
アンティーク・ショップを経営するハッチ・ハリソンは、
ある日、交通事故に遭い心停止で病院に担ぎ込まれる。
彼は2時間の臨床死のあと、蘇生プログラムにより奇跡的に命を吹き返すが、
それ以来、連続殺人犯の意識と精神的にシンクロし、
犯人の目を通して少女を殺すシーンを目撃する・・・。


冒頭のシークエンスは良し。
でも駄作。
あのCGはまるで日本の安っぽいドラマ並み。
いくら10年前の映画とはいえ、もーちょっとマシな映像にならんかな。
CGやストロボに頼らない幻想的・神秘的な映像が欲しかった。
ホラーじゃないよなぁ・・・SFっぽい。
ジェフ・ゴールドブラムの蒼白い死顔、あれが一番怖かった。

最後まで中断することなく見れたのは、
ヴァサーゴ役の男の子が絶対にどっかで見たことある!
と、ずっと思い出そうとしながら見てたから。
やっぱり。同年『クルーレス』でアリシア・シルヴァーストーンと
再共演するジェレミー・シストという人でした。
ヴァサーゴは頭の切れる異常者なのか、あるいは自我の強すぎる少年なのか・・・
廃墟と化した遊園地に自分の隠れ家(hideaway)を作って“死の国”と称したり、
わざわざ父親に死体とメッセージを送りつけたり、
その言動からはやっぱり子供っぽさが印象に残る。

ヴァサーゴが悪魔崇拝で身を捧げたって伏線は敷いてあったけど、
まさか本当に悪魔が出てきて、それに対峙すべく天使も出てきちゃうとは。
とことんオカルトですか?・・・突如と現れた善悪対立に呆気。
おそらくハッチの超自然的な力は天使により与えられたもの。
けど、ショットガンでヴァサーゴをバン!で、至って普通に終結。
亡き末娘サマンサの位置づけも役目も不可解。
あんな大団円ありか~?

鑑賞方法:TV/吹替






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2005.10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。