FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


魅せられて四月
ENCHANTED APRIL
1992年 イギリス
92分 ドラマ

監督:マイク・ニューウェル
製作:アン・スコット
製作総指揮:マーク・シーヴァス
        サイモン・レルフ
原作:エリザベス・フォン・アーニム
脚本:ピーター・バーンズ
撮影:レックス・メイドメント
音楽:リチャード・ロドニー・ベネット
 
出演:ミランダ・リチャードソン
    ジョーン・プロウライト
    ポリー・ウォーカー
    ジョシー・ローレンス
    アルフレッド・モリナ
    ジム・ブロードベント
    マイケル・キッチン

STORY
1920年代のロンドン、弁護士の夫と窮屈な生活を送るロティは、
イタリアにある小さな古城を貸し出すという広告を新聞で見つける。
一瞬で心を奪われたロティは婦人クラブで知り合ったローズを誘う。
ローズもまた、夫に愛されていないと感じていた。
費用を分担するために、2人はさら同行人を募集し、
老婦人と若い貴族の令嬢も参加することになった。
陽気に花が咲き乱れるイタリアの古城サン・サルバトーレで、
かくして4人の女性たちは1ヶ月を共に過ごすことになった・・・。


旅行することの醍醐味のひとつは、日常から抜け出すことにある。
暗くて惨めな生活の煩わしいことすべて忘れてしまえ。
旅先が外国ならなおさら、その非日常性にどっぷり浸かれる。

でもね、観光じゃない旅にはそれなりの大義名分が必要なのよ。
それなりのお金も時間も費やすわけだから、それなりの大義がね。
20世紀初頭、女性だけの海外旅行はさほど珍しくはなかったみたいだけど、
中流階級の平凡な主婦が、
"いい人間になろうと努力して何の報いが?
 昔から人のために尽くしてきて、それで人の愛に恵まれた?"
って言い分で、"藤の花と太陽"を誇るイタリアの小さな古城を
1ヶ月レンタルしちゃうなんて、ロティは変わり者に違いない。
変わり者とゆーか、子供みたいに素朴で純真な人。
自分のヘソクリだけでは払えないから同行人を募って分担しよう、
なんていかにも主婦らしい発想だけど。

イギリス人のイタリアへの憧れは根強いようで、
特に霧の都のコックニーたちは、暗くてジメジメした雨模様にうんざりなのか、
青い空、地中海の海、咲き誇る花々、なんてものに強く惹かれたんだろうか。
イタリアに限らず、アジアを含めた異国情緒ってやつに弱いのかもね。
人は自分とは異なるもの・未知のものに魅せられるんだろう。
(同時に恐怖を感じることも忘れてはならないが)

雨のロンドンと太陽のイタリアの描き方はわかりやすく対照的で、
ロティとローズがサン・サルバトーレに到着した夜の翌朝の情景には感激。
窓を開けるとぱーっと光が射し込んでくる。
眼前に広がる彩り鮮やかな開けた世界、澄んだ空気、心地良い風。
わわわー!行ってみたーい!
ここは原作者アーニムがこの作品を執筆した場所(実際の名はブラウン城)らしい。

日常から一気に解放されバカンスを満喫する主婦2人は、
望んでか望まずか、自分と夫の関係を見つめなおす。
一時的に満たされた状態だからこそ、
日常的に冷め切った夫婦関係のことを考えずにはいられないのか。
んまー最終的には、2人とも夫をイタリアの古城に呼び寄せ、
自分の気持ちに素直になることでなんとかかんとか関係を修復、
愛を再確認して幸せなカップルになって帰国するわけですが。
これじゃーできすぎです。
呼ばれた夫がイタリアにちゃんと来た時点で結末がわかるようなもの。
序盤のワクワク感がガクンと減速してしまった。
(ってかここで『テルマ&ルイーズ』みたいな非日常性を求めてもしょうがない・・・)

孤独さ故に傲慢になってしまうミセス・フィッシャーや、
うわべの美しさしか見てもらえないレディ・キャロラインの心の変化のほうが、
おもしろみがあって人間的に成長したと思える。
彼女たちはイタリアの気候に影響されたのではなく、
イタリアという土地で出会ったイギリス人の影響で、
本当の自分ってやつを発見ないし回復できたわけ。
もちろんイタリアの風土も一役買ってはいるだろうけど、
やっぱ人を動かすのは"人"なんだよ。

あとね、それぞれのモノローグがあるも良い。
特にローズが夫を呼び寄せる手紙を書くまでの葛藤やたゆたいが。
芝生に寝転がって考えたり、木陰で涙を流したり、
海岸の岩場で寝そべっている時に背中を這う1匹のトカゲも印象的。
"失望した聖女(マドンナ)の顔"って言われるのはどんな気分なのかしら。

イタリアの不思議な魔法に魅せられた小さな幸福感が漂う終わり方なんだけど、
ロンドンに戻ってからもその魔法が解けないことを祈るばかり。

残念だったのは、城以外にイタリアの街並みや建築物がなかったこと。
現地人の"ペリコローゾ(お気をつけて)"以外のエピソードが欲しかったな。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト

アラビアのロレンス/完全版
LAWRENCE OF ARABIA
1962年/1988年 イギリス
207分/227分 ドラマ/歴史劇

監督:デヴィッド・リーン
製作:サム・スピーゲル
原作:T・E・ロレンス
脚本:ロバート・ボルト
撮影:フレデリック・A・ヤング
    ニコラス・ローグ
編集:アン・V・コーツ
音楽:モーリス・ジャール

出演:ピーター・オトゥール
    アレック・ギネス
    オマー・シャリフ
    アンソニー・クイン
    ジャック・ホーキンス
    アーサー・ケネディ
    クロード・レインズ
    ホセ・ファーラー
    アンソニー・クエイル
    ドナルド・ウォルフィット
    マイケル・レイ

STORY
1914年、第一次世界大戦中のアラビアでは、
ドイツ連合軍と結んだオスマン帝国の圧政下でトルコ軍とアラブ民族が激突し、
大英帝国はドイツ勢力を散らすために、
稀代の天才策略家T・E・ロレンス少尉をアラビアに送り込んだ。
独自のゲリラ戦法によりたちまちトルコ反乱軍を駆逐したロレンスは、
アラブ民族の信頼を得て、やがて砂漠の英雄となる・・・。


はぁ~~~。なんて壮大なスケールなんだろう。
40年も昔の映画だとは思えない映像美。
こーゆースペクタクルこそ、大スクリーンで見るべきなんだろうな。

良かったのは、アカバ攻略シーン。
惨殺や流血を見せることなく、
ワンカットで撮ることでその迫力をうまく見せてるなぁ。
その先に広がる紺碧のアカバ湾も◎。

地平線の彼方からゆっくりと昇る朝陽や、
広大な砂漠を悠然と横切る駱駝、
陽炎の揺らめきで宙に浮いた人影などなど。
うーん、見せるなぁ。
その大自然の過酷さ故に、
砂漠のど真ん中に行ってみたいとは思わないんだけど、
せめてあの場に立ってあの景色を肌で感じてみたい。

大自然の中での、人間のちっぽけさ。
清潔な砂漠の中での、人間の複雑に絡み合う思惑やプライド。
イギリスの目論見とアラブ人同士の民族対立に翻弄されたロレンスは、
本当にアラビアの英雄なんだろうか?
名前だけ一人歩きしているような気がしない?

史実的には、アラブ人の反乱を、
ドイツと手を組んだオスマン帝国を破るため武器と考えたイギリスが、
ロレンスをファイサル王子の軍事顧問としてアラビアに送り、
その裏でイギリスはサイクス=ピコ協定やらバルフォア宣言やら、
秘密裏に二枚舌外交をめぐらせていたわけだけども。

アラブ人と触れあい、同じ服を着て、同じものを食べていたロレンスは、
金でも名誉でもなく、イギリスでもなくファイサル王子でもなく、
アラブのために戦うようになる。アラブ独立の良き理解者である。
アラブ側からみたら、やはり彼は英雄なのか。
イギリス軍の上層部に利用されただけの彼は、悲劇のヒーローか。

でもね、ロレンスは完璧な人間じゃないってのはわかってるけどさ、
なんとなく好きになれないんだよね。
行き当たりばったりな感じがしてねー、何を考えてるんだかよくわかんないし。
一貫性がなくて、周りの忠告を聞かないで、
すべてはそのリーダーシップとカリスマ性のなせる業か。
イギリスとアラビアの板ばさみで頭がおかしくなっちゃった感じ。
同情はするけどさ、やっぱ理解できん。

まーロレンスがアラビアから帰ってきたあとにも、
中東問題にいろいろと奔走してはいるから、
一概に無責任だったとは言えないんだけどね。
あくまでも映画での印象は・・・。
あと、ピーター・オトゥールの病的な演技とやけに艶かしい青い眼も。

ロレンスの狂気が顕著に現れたのが、
2000人のアラブ人を率いてダマスカスに向かう途中で、
とある村を襲ったトルコ軍を皆殺しにするシークエンス。
それ以外は、ガシムの処刑もダウドが砂に呑まれる場面もファラジを殺す場面も、
その瞬間が画面に映されることはなかったのに、
この虐殺シーンでロレンスは不敵な笑みを浮かべて人を殺しまくる。
アリの戸惑いと苦悩も見てとれる。

砂漠とアラビアを深く愛し、しかし彼はイギリス人であり、
その肌の色を変えることは絶対にできない。
そうしたジレンマを抱えたロレンスはきっと、
人一倍、感受性が強くて、素朴で、複雑な人間だったんだと思う。

たぶんね、これをレポートにしようとして、
真面目に分析したら、書くことは山のようにあって、
それはそれは長いレポートになるんだろうよ。
けど、ロレンスの心情は複雑すぎて断念。
論述テストのテーマは選択式だろうから、選ぶのはやめよう。

参考までに、ロレンス情報はコチラ↓
アラビアのロレンスを探して

鑑賞方法:DVD/字幕

誘拐犯
THE WAY OF THE GUN
2000年 アメリカ
119分 サスペンス/犯罪

監督:クリストファー・マッカリー
製作:ケネス・コーキン
脚本:クリストファー・マッカリー
撮影:ディック・ポープ
音楽:ジョー・クレイマー

出演:ライアン・フィリップ
    ベニチオ・デル・トロ
    ジェームズ・カーン
    ジュリエット・ルイス
    テイ・ディグス
    ニッキー・カット
    スコット・ウィルソン
    ディラン・カスマン
    クリスティン・レーマン
    ジェフリー・ルイス

STORY
金のためなら何でもする無法者の2人、パーカーとロングボーは、
とある大富豪夫妻の子を身ごもった臨月の代理母ロビンの存在を知る。
2人はロビンを誘拐して胎児の身代金を要求するが、
胎児の父親のチダックは裏世界に通じる大物だった・・・。


『ユージュアル・サスペクツ』の脚本クリストファー・マッカリーが、
監督&脚本だからって、濃厚な心理戦を期待しちゃダメです。
クライム・アクションであって、サスペンス性は薄い。

主役の2人、始末屋ジョー、妊婦と産科医、
ボディ・ガードの2人、シダック氏、警察、などなどいろんな立場から、
それぞれの思惑が交差するってのはいいはずなんだけど、
淡々としすぎてるのかな、深入りできるキャラの欠如が原因か。

ジュリエット・ルイスがフツーの役で違和感ありまくり。
大きなお腹をかかえた妊婦ってのも違和感ありあり。
出産&帝王切開シーンは男どももタジタジでしたね。
女のわたしでさえも、出産が怖くなる・・・。

ジェームズ・カーンも渋くてよかったですが、
是非ともハーヴェイ・カイテルの“ザ・ウルフ”のように、
演じてもらいたかった。本人でもいいけど。
あの上品でユーモアがある飄々とした雰囲気だったら最高。

やたら弾丸は飛ぶし人は死ぬし、それがちょっと頂けないけど、
ライアン&ベニチオのコンビのアウトローっぷりはかっこよかった。
セコイ犯罪者かと思ってたら、人を殺しても顔色一つ変えず、
銃撃戦での身のこなしも手馴れたもの。
お金に困って誘拐を実行したはずなのに、しかもあんな軽装で、
あの武器や弾丸はいつどうやって手に入れたのかしら。
防弾チョッキまで着たてし。

銃撃シーンにおいては、
BGMなしでやたらバンバン撃つし、人は死んでいくけど、
訓練されたかのようなパーカーとロングボーの息もぴったりで、
2人とも傷を負いながら追い詰められていき、
この2人はきっと助からないんだろうなーって悲壮感がリアル。
身動きが取れなくなり、徐々に弱まって、
放置されてやがては死んでいく厳しい最期。

つまりは、何を描きたかったのかが不鮮明で・・・
粗雑な感じが、イマイチ盛り上がりに欠けてしまいます。
ボニーとクライドみたいなアンチ・ヒーローを作りたかったのか。
極悪非道なようでロビンに同情を寄せ、
仲違いしそうで、強い絆で結ばれている2人。
続編・・・は不可能だから、番外編作って欲しい。

最後の最後、チダック夫人の妊娠発覚により、
ロビンの生んだ赤ん坊はロビンと産科医ペインターの元で育てられ、
父ジョーともうまくやっていくんだろうなーという安堵感と、
代理母による出産および代理母の誘拐は全て無意味だった、
つまりは、パーカーとロングボーの死も無駄だったという皮肉も込められ、
でもやっぱり拍子抜け。

鑑賞方法:TV/吹替






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2005.12 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。