FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


リプリーズ・ゲーム
RIPLEY'S GAME
IL GIOCO DI RIPLEY
2002年 イタリア/イギリス/アメリカ
110分 サスペンス/ドラマ
日本未公開

監督: リリアーナ・カヴァーニ
製作: サイモン・ボサンクエット
     リカルド・トッツィ
製作総指揮: マルコ・キメンツ
         ロルフ・ミットウェッグ
         マーク・オーデスキー
         ラッセル・スミス
原作: パトリシア・ハイスミス 『アメリカの友人』
脚本: リリアーナ・カヴァーニ
     チャールズ・マッケオン
撮影: アルフィオ・コンチーニ
音楽: エンニオ・モリコーネ

出演: ジョン・マルコヴィッチ
     ダグレイ・スコット
     レイ・ウィンストン
     レナ・ヘディ
     キアラ・カゼッリ
     ハンス・ジシュラー
     パオロ・パオローニ

STORY
有名画家の贋作売買で大金を手に入れた悪名高きトム・リプリー、
今では引退して、イタリアで美しい妻と優雅な生活を送っていた。
あるとき、以前の仕事仲間リーブスが彼の屋敷を訪れ、
リプリーにベルリンで人殺しの依頼を持ちかける。
自分は殺し屋ではないと断ったリプリーだが、
やがて人殺しをさせるのにぴったりの人物を見つける。
それは彼の屋敷に出入りする額縁職人ジョナサンで、
骨髄性白血病で余命といくばくもないと宣告されていた・・・。


リプリーの原作ってシリーズ物だったんですね。
アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』しか知らなかったもので、
リプリーがジョナサンの人生をどう奪い取っていくのか、
どーも設定がおかしいなぁと思っておりました。

そしたら、『太陽がいっぱい』とは違う原作で、
悪事から手を引いて年を取ったリプリーのその後のお話だったようです。

地味なんだけどね、わたしは好きです。良作だと思う。
ジョン・マルコヴィッチの落ち着いた演技に引き込まれていきました。

そう、トム・リプリーは悪名高き冷酷な男。
人を騙し、邪魔するものを殺し、誰も信用しない。
私欲のためなら手段を選ばない男。

彼曰く、「若い頃は、良心の欠如に悩んだこともあった」らしいけど、
結局は“殺人”を”ゲーム”と考えている男だ。
自分もリーブスもジョナサンも、ゲームの駒に過ぎない。

ジョナンサンを殺人ゲームに巻き込んだのもただの気まぐれ。
生まれたての羊のようにまっさらなジョナサンの手を、
血に染めたらどうなるのか、それを見たかっただけ。

額縁職人のジョナサンは、骨髄性白血病で余命いくばくもない男、
愛する妻と幼い息子に何もしてやれないと悩む男、
迫りつつある死を恐れる男。

彼は、リプリーが仕掛けた殺人ゲームに見事にはまっていく。
いとも容易くはまっていき、いつの間にかもう抜け出せない。
愛する家族にお金を残すために手を出した仕事、
なのに一度手を出すと、今度は愛する家族を守るために、
自分自身を守るために、止めることができない。

どうやって大金を手に入れたのか家族には絶対に言えないし、
息子の目をまっすぐに見つめることもできないし、
後悔と恐怖に苛まれるうちに、
狂気染みた男気を発揮し始めるジョナサン。

リプリーは、自らジョナサンに殺人ゲームを仕掛けたのに、
彼の手助けをするために、わざわざドイツまで出向く。
理由は本人にもわからない。

気まぐれで始めたことは、気まぐれな展開を見せる。

妙な友情が芽生え始めるんだよね。
リプリーはジョナサンを巻き込まないように彼を遠ざけ、
自分で巻いた種だから自分だけで片を付けようとする。
けどジョナサンはリプリーを見捨てることができない。
彼は危険を承知でリプリーの家へ行く。妻の反対をも押し切って。

2人はそこで、初めて友達らしいことをする。
一緒に食事してみたり、チェスをしてみたり、ただ話をしてみたり。
リプリーがぽつりと自身の過去を語ったり。

彼らは互いに協力し合って敵を向かい討ち、
片付けた死体の後始末をする。
殺人を犯しそれを隠蔽し、自分のしたことに動揺するジョナサンに対し、
リプリーは平然そのもの、なんの狼狽も葛藤ももなく、
一瞬で日常生活に戻ることができる。

「恐ろしい行為をしたときに何が面白いと思う?
 ・・・数日もするときれいに忘れていることだ」

やがて、ジョナサンの身に再び危険が迫り、
リプリーが駆けつけると、銃撃戦が始まる。
銃口を向けられたリプリーを見て、ジョナサンは思わず我が身を差し出す。
これがジョナサンのリプリーに対する友情の証。

取り乱すジョナサンの妻をよそに、
リプリーは相変わらず冷静沈着、動揺しないし、嘆き悲しみもしないし、
ジョナサンの妻に唾を吐きかけられても動じない。
何事もなかったかのように、妻のコンサートに向かう。

妻の演奏するハープシコードを聞きながら、
そこでふと脳裏をよぎるジョナサンの最期の表情。
なぜ自分を庇って死んだのか?

友人を失った悲しみをそっと胸に秘めるリプリー。
ちょっとだけ人間らしい部分をとりもどしたのかな。

こうしてリプリーは元の生活に戻る。
妻を愛し、ピアノを弾き、料理をして、裁縫もして、
穏やかで平和な生活に。

この作品の一番のクライマックスは、
リプリーが友人の死を悼むその一瞬の心の動きなんだと思う。

ヨーロッパの情景の素晴らしさも一役買い、
城のような豪邸と庭園、西洋絵画の壁画も趣があり、
ハープシコードのBGMも雰囲気あります。


鑑賞方法:DVD/字幕・吹替
スポンサーサイト


ゾンビーノ ZOMBINO
FIDO
2006年 カナダ
93分  コメディ/ドラマ/ホラー

監督: アンドリュー・カリー
製作: ブレイク・コーベット
     メアリー・アン・ウォーターハウス
製作総指揮: ピーター・ブロック
         パトリック・カサヴェッティ
         ジェイソン・コンスタンティン
         シェリー・ギレン
         ダニエル・アイロン
原案: デニス・ヒートン
脚本: アンドリュー・カリー
     ロバート・チョミアック
     デニス・ヒートン
撮影: ジャン・キーサー
特殊メイク: トッド・マスターズ
プロダクションデザイン: ロブ・グレイ
衣装デザイン: メアリー・E・マクロード
編集: ロジャー・マティアシ
音楽: ドン・マクドナルド

出演: キャリー=アン・モス
     ビリー・コノリー
     ディラン・ベイカー
     クサン・レイ
     ヘンリー・ツェーニー
     ティム・ブレイク・ネルソン
     ソニヤ・ベネット
     ロブ・ラベル

STORY
平和な郊外住宅地の田舎町ウィラード、
特殊な首輪によって人間に飼い慣らされたゾンビと、
ゾンビを労働力として使う人間の、生者と死者の共存社会。
孤独な少年ティミーの家にも、ついにゾンビがやってきた。
はじめはゾンビには興味のなかったティミーだが、
あるときゾンビがいじめっ子を懲らしめてくれたのをきっかけに、
ゾンビを“ファイド”と名づけ、次第に心を通わせていく。
ところが首輪の装置が故障したファイドが、隣人の老婦を食べてしまった・・・。


50年代風のカラフルな街+ペット化されたゾンビ
もう、この組み合わせだけで、わたしの中では小ヒットは間違いなし。
そーいえば、ブラックコメディは久しぶりだな。

明確な時代設定は出てこないけど、古き良きアメリカのよう。
あるとき宇宙から突如現れた放射能を帯びた分厚い雲が地球を覆い、
その粒子により、死んだ人間が蘇るという現象が起こり始めた。

ゾンビの欲求はただ人肉を食べること、のみ。
襲われた人は感染してゾンビ化するわけではなく、
ただ命を落とし、やがてゾンビとして蘇る。

なかなか死なない(とゆーか、すでに死んでいる)ゾンビを相手に、
長きに渡りゾンビ戦争が続き、多くの人間が犠牲になったが、
それに終止符を打ち、人間を勝利に導いたのが、ゾムコン社のガイガー博士。

ゾンビの弱点は脳に損傷を与えることだと気づき(←気づくの遅いよ)、
特殊な首輪を発明し、その首輪をはめるとゾンビの食欲が抑えられ人間に従順になる。
飼い慣らされたゾンビは、労働力や家事手伝いとして、人間に重宝される。

がその一方で、人間の居住区はフェンスで囲われ、その外側ゾーンには、
首輪のないゾンビ=野良ゾンビが今でもウヨウヨ放置されている。

死んだらゾンビになるのが当たり前の世界。
“葬儀”(=頭を首から切り離して頭だけを棺桶に入れて埋葬する)は
富裕層向けの非常に高価なものとなり、積立ローンが組まれるほど。

刑務所はなくなり、法を犯した者はゾーンへ追放される。
小学校では子供たちにライフルの扱い方を教えて、
ゾンビに襲われそうになったら♪脳みそをぶっ飛ばせ♪と説く。

寿命の近いお年寄りは人知れずゾンビ化するおそれがあるため注意が促され、
万が一、街中で野良ゾンビが発生してしまったら、
ゾムコン社の警備員たちが即座に野良ゾンビを始末する。

そんな世界が舞台。

そこに、バラバラの家族。
友達がいなく、いじめられっ子の息子ティミー。
世間体ばかり気にしている母親ヘレン。
息子と妻に興味のない父親ビル。

ギクシャクした家族の中に、いきなりやってきたゾンビのファイド。
ゾンビだってかつては生きていた人間だったのだから、
ファイドにだって多少の自我は残っている。

嬉しいときは歯を見せて笑うし、悲しいときは寂しげな目をするし、
煙草も吸うし、胸には心臓手術の痕があり、
首輪が故障してしまってもティミーとヘレンは襲わないし、
ヘレンに対しては流し目も使うし(ヘレンもまんざらでもない様子)、
自分を敵対視するビルには猜疑心いっぱいの視線を無言で投げかける。

この映画がほかのゾンビ映画と違うところは、
(そもそも最初の設定からして違いすぎるけど)
ゾンビにも感情や人権があるということ。

しかし、父親の立場ってないよなぁ。
最後だけ、愛する子供のために命かけてみるけど、
空回りばかりで、あっけなく殺されてしまった。
しかもゾンビにではなく、生身の人間の拳銃により。

この父親、息子とのキャッチボールより自分のゴルフ、
妻の妊娠にも気づかず、葬儀ローンを抱えるため贅沢禁止、
おまけにゾンビ恐怖症ときた。

改心させるよりも、削除したほうがストーリー展開は単純ね。
本人の意思を尊重して、葬儀をあげて本望か。
けど、その後のティミーとヘレンの様子を見たら悔しがるに違いない。

父親不在の家族に、うまく入りこんだのはもちろんファイド。
ゾンビは「召使い」の立場から「友達」へと昇格。
優秀なゾンビのファイドと、心優しい少年ティミーと、
たくましい母親ヘレンと、生まれてきた赤ん坊と、
絵に描いたような幸せな家族。

なかなか言える台詞じゃないぜ、これ。
You, crazy wonderful zombi!


鑑賞方法:DVD/字幕・吹替






PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2008.11 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。