FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

パール・ハーバー
PEARL HARBOR
2001年 アメリカ
183分 戦争/ドラマ/アクション

監督:マイケル・ベイ
製作:マイケル・ベイ
    ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:スコット・ガーデンアワー
脚本:ランドール・ウォレス
撮影:ジョン・シュワルツマン 
特撮:ILM
プロダクションデザイン:ナイジェル・フェルプス
音楽:ハンス・ジマー
 
出演:ベン・アフレック
    ジョシュ・ハートネット
    ケイト・ベッキンセイル
    ウィリアム・リー・スコット
    グレッグ・ゾーラ
    ユエン・ブレムナー
    アレック・ボールドウィン
    ジェームズ・キング
    キャサリン・ケルナー
    ジェニファー・ガーナー
    ジョン・ヴォイト
    キューバ・グッディング・Jr.
    マイケル・シャノン
    コルム・フィオール
    ピーター・ファース
    ベス・グラント
    デヴィッド・カウフマン
    マコ
    ケイリー=ヒロユキ・タガワ
    リーランド・オーサー
    トム・サイズモア
    ガイ・トーリー
    スコット・ウィルソン
    トマス・アラナ
    ウィリアム・フィクトナー

STORY
テネシー州の農業地帯で兄弟同然に育ったレイフとダニーは、
米国陸軍航空隊の精鋭パイロットとなった。
やがて2人は、美しく勇敢な看護婦イヴリンに出会い、
彼女とレイフは激しい恋におちる。
しかし、時は第二次世界大戦下、
レイフは中立国の志願兵で組織されたイーグル飛行隊に参加し、英国へと旅立つ。
やがてイヴリンとダニーはハワイ・オアフ島のパール・ハーバーに転属になる。
戦争などとは無縁のような南の楽園で、2人の元にレイフ戦死の報が届く・・・。


アメリカの戦争映画が嫌いなら見なきゃいいんだけど、
TVで放映したてからついつい・・・
随分前にビデオに録ってそれっきりだった。
TV初登場の超大作映画だからって、
声優経験のない下手な女優を起用するのは本当にやめて欲しい。
本業の声優さんたちの仕事を横取りするなよ。

おかげで、イヴリンの声からは、感情が全然伝わってこない。
吹き替えとは関係なくても、イヴリンはダメだぁ。
いくら恋人が戦死したからって、寂しかったからって、
たった3ヶ月で心変わりなんて!たった3ヶ月だよ?!
3人で勝手にやっててくだいさい、って感じ。
こんな陳腐なラブストーリーを描きたいのなら、
真珠湾攻撃以外にもっといい題材があったでしょう?

誰が生き残って誰が死ぬってゆー結末はすでに聞いてたし、
ベン・アフレックはどうも好きになれないので、
最初からジョシュ・ハートネットを中心に見てたんだけど、
可哀想なダニー・・・もーちょっと内面を描いてくれよ。
これじゃ、親友の彼女を寝取った男、戦死して彼女を返却。
そりゃね、ダニーかレイフかどっちかが死ななきゃ、
2人の友情は丸く収まらないよな、(それでも強引)。
戦争・恋愛・友情、って欲張りすぎで、3時間じゃまとまんないぞ。

日本版は反日的な部分をカットしたせいかもしれないけど、
日本海軍の描き方にそれほど嫌悪感はなかった。
兵士たちの表情を見せないし、感情的な台詞も言わせない。
良くも悪くも、日本人は感情を持っていないみたいで。
もっと極悪非道に描かれてるのかと思ってた。
描写や台詞に違和感はアリ。

キューバ・グッディング・Jrのエピソードは、唯一好感を持てる。
海軍士勲章をもらった初の黒人ドリーは実在の人物だそうで。
ストーリーとは何も関係ないけど、必要なエピソード。

米国大統領(F・ルーズベルト)は、日本の真珠湾攻撃を、
計画的で周到に用意された奇襲とコメントし、
“Remember Pearl Harbor”を合言葉にして、
米国民の反日感情を煽っていくわけですよ。
本当は(日本外務省のミスにより)対米宣戦布告が遅れ、
結果的に、宣戦布告より先に攻撃しちゃったんだけどね。
アメリカはこの反撃に東京を空襲して、この映画は終わる。
でもこの映画のタイトルは『パール・ハーバー』でしょ?
真珠湾攻撃だけで終わらせないのなら、
最後まで、原爆投下か日本の無条件降伏まで描こうよ。

ちなみに、日本は、日露戦争の時も、
対露宣戦布告をする前に攻撃を仕掛けているそうで・・・。
当時の世界世論では、世界中がロシアの拡張主義や南下政策を、
好ましく思っていなかったため、
日本が卑怯であるとは非難はされなかったそうです。

日本嫌いなディズニーがスポンサーらしいですね。
でも日本では、(制作費だけでなく)宣伝にも金をかけ、
前評判につられて、予想外にヒットしちゃった。
世界史の先生か誰かが言ってたけど、
日本ほど、戦争で負けた国を大好きな国はない、って。
おっしゃるとーり。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。