FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

U-571
U-571
2000年 アメリカ
116分 アクション/戦争/潜水艦

監督:ジョナサン・モストウ
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
    マーサ・デ・ラウレンティス
製作総指揮:ハル・リーバーマン
原案:ジョナサン・モストウ
脚本:ジョナサン・モストウ
    サム・モンゴメリー
    デヴィッド・エアー
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:リチャード・マーヴィン

出演:マシュー・マコノヒー
    ビル・パクストン
    ハーヴェイ・カイテル
    ジョン・ボン・ジョヴィ
    デヴィッド・キース
    トーマス・クレッチマン
    ジェイク・ウェバー
    ジャック・ノーズワージー
    エリク・パラディーノ
    トム・グイリー

STORY
1942年、北大西洋上で故障して停泊中のUボートの存在を知った米海軍は、
艦内に搭載されているナチスが誇る暗号解読機“エニグマ”の奪取を計画。
任務に就いたタイラー大尉は副艦長として巡洋潜水艦S-33に乗り込むと、
艦体の外装をUボートに似せ、友軍を装いU-571に接近する。
嵐の中、奇襲部隊がU-571に潜入しエニグマを見事に手に入れるが、
事態は急変、S-33が別の独軍潜水艦に撃沈されたのだ・・・。


戦争映画の中でも、潜水艦モノはそんなに嫌いじゃない。
「敵を倒すこと」や「善vs悪」構造よりも、
「今にも沈みそうな潜水艦からどうやって生きて帰るか」
ってことがテーマな作品が多いと思うので。
ドラマ性重視ってほどのドラマじゃないけど。
と言っても、潜水艦映画は・・・まだ3作目かな?

潜水艦の技術的な問題はよくわかりません。
戦闘シーンが少なくてよかった。人がバタバタ死ぬ場面は少ない。
あの緊張感とか閉塞感は伝わってきた。

Uボートってよっぽど頑丈に作られているのね。
あれだけ攻撃を受けても一向に沈まない。
もうちょっと損傷しようよ。
駆逐艦はたった一発の魚雷を受けて、大爆発の木っ端微塵。
船首に弾薬庫でもあったのかしら。

マッツォラの遺体を捨てる必要性は本当にあったのか疑問。
それくらい“エニグマ”奪取が重要だったってことか。
あるいは艦長の言ってたように、
「親友や若い下士官を犠牲にする決断をためらわずに下すのが艦長」ってことか。
タイラー大尉は艦長の器ではない気がするけどなぁ。
(副艦長だけど艦長が死んでしまったので)
『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン(主役)や、
『K-19』のリーアム・ニーソン(準主役)のように、
問題アリの艦長を、あくまでも上官として敬う副艦長のポジションが一番おいしい。
この映画の中では、チーフがその役割だね。
さすがハーヴェイ・カイテル、渋い。

ジョン・ボン・ジョヴィは俳優としてどれくらい評価をされてるの?
何回か映画で見たことあるけど、
『アリーmyラヴ』のヴィクターを真っ先に思い出す。
今回のエメット大尉は、はっきり言って必要ないじゃん。
タイラー大尉との友情も対して描かれないし、
あっけなく死んじゃったあと悼む間もなくフォローもないし。
トリガー、タンク、ラビットら、若手の活躍がよかった。

ちなみに、アメリカ軍によるU-571占領はフィクション。

次、あの『U・ボート』を見ます!

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。