FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

フェイス/オフ
FACE/OFF
1997年 アメリカ
138分 アクション

監督:ジョン・ウー
製作:デヴィッド・パーマット
    テレンス・チャン
    クリストファー・ゴドシック
    バリー・M・オズボーン
製作総指揮:マイケル・ダグラス
        ジョナサン・D・クレイン
        スティーヴン・ルーサー
脚本:マイク・ワーブ
    マイケル・コリアリー
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:ジョン・パウエル

出演:ジョン・トラヴォルタ
    ニコラス・ケイジ
    ジョーン・アレン
    アレッサンドロ・ニヴォラ
    ジーナ・ガーション
    ドミニク・スウェイン
    ニック・カサヴェテス
    ハーヴ・プレスネル
    コルム・フィオール
    ジョン・キャロル・リンチ
    CCH・パウンダー
    ロバート・ウィズダム
    マーガレット・チョー
    ジェイミー・デイトン
    マット・ロス
    クリストファー・バウアー
    トーマス・ジェーン
    トミー・フラナガン
    ロミー・ウィンザー
    ダニー・マスターソン

STORY
6年前、FBI捜査官ショーン・アーチャーは、
凶悪なテロリストのキャスター・トロイに狙撃され、
その際に幼い息子マイケルを殺されてしまった。
彼は壮絶な戦いの末、ついにキャスターを捕らえることに成功するが、
キャスターがLAのどこかに細菌兵器爆弾を仕掛けていることが判明。
植物人間になったキャスターの他に、情報源は獄中にいるキャスターの弟のみ。
爆弾の設置場所を聞き出すために、ショーンに下された極秘指令は、
キャスターの顔の皮膚を移植して彼に成りすまし弟に接近する、という任務だった。


設定にかなりの無理があるものの、
(どう考えたってトラヴォルタの骨格にケイジの顔は乗っからないでしょう・・・)
アクション映画だから深く追及せずに許そう。
顔を取り替えてくれたおかげで、トラヴォルタの悪役が見れたし。
同監督の『ブロークン・アロー』でもそうだけど、
トラヴォルタは、悪いこと考えてニヤリとする顔が似合う。
対して、相変わらず情けない顔が似合うケイジ。
キャラが濃いよなー。2人の印象ばかり残る。

ジョン・ウー監督の「鳩」と「二挺拳銃」と
「スローモーション・アクション」はここにも健在。
あんま好きな監督じゃないんだけどね。
アクションが好きな人にはおもしろいのかなー。

うーん。あまり書くことが思い浮かばない。
アクションって可もなく不可もなく・・・残らない。
ただ単純に、最後まで楽しむことはできた。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。