FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

プロフェシー
THE MOTHMAN PROPHECIES
2002年 アメリカ
119分 ミステリー/サスペンス

監督:マーク・ペリントン
製作:ゲイリー・W・ゴールドスタイン
    ゲイリー・ルチェッシ
    トム・ローゼンバーグ
製作総指揮:テリー・A・マッケイ
        テッド・タネンバウム 
        リチャード・S・ライト
原作:ジョン・A・キール
脚本:リチャード・ヘイテム
撮影:フレッド・マーフィ
編集:ブライアン・バーダン
音楽:トムアンドアンディ
    ジェフ・ローナ

出演:リチャード・ギア
    ローラ・リニー
    ウィル・パットン
    ルシンダ・ジェニー
    デブラ・メッシング
    アラン・ベイツ
    デヴィッド・エイゲンバーグ
    ボブ・トレイシー

STORY
ワシントン・ポストの敏腕記者ジョン・クラインは、
ある晩、仕事でワシントンD.C.からリッチモンドへ向かっていた。
1時間半後、車がいきなりの故障で止まってしまうと、
600kmも離れたウェスト・バージニア州ポイントプレザントにいた。
やがて、彼はこの町で住民が目撃している不可解な事件と、
2年前に死んだ妻メアリーの言動に繋がりがあることを知る・・・。


リチャード・ギアがこんな映画に出るなんて意外だな。
もっと普通のサスペンスかと思ってたら、うむむ、まるで“X-FILES”だ。
ってか、原題の直訳は「蛾男の予言」・・・オカルトっぽーい。

何もかも不気味で妖しい感じで、前半はけっこードキドキした。
映像の見せ方と音楽がうまいなーって。
でも伏線や謎を散々ふっかけておいて、オチがないじゃん。
いやいやー謎は謎のままって一貫したスタンスはいいんですけどね。
ただ後半は、一向に謎が解明されていかない進展に中だるみ気味。
せめて、なぜジョンなのか?なぜメアリーが?ってぐらいは明かしてくれよ。

人間世界の科学ではモスマンの存在を説明することは不可能。
けれども、確かにモスマンは人間より優れた能力を持っていて、
これから起こる惨事を予見することができる。
それを人間に伝えたり、伝えなかったり、
人間を助けようとしてんだか、そうじゃないんだか・・・
一体あんたは何をしたいの?って、その気まぐれがわからん。
けど、博士の言葉ですべて片付けられてしまいそう。
「君はゴキブリより頭がいいが、ゴキブリに自分の意志を伝えようとするか?」

この不完全燃焼な感じが“X-FILES”っぽいんだな。
嫌いじゃないがねー。
「蛾男の予言」ってつまり「虫の知らせ」みたいなもんでしょ。
モスマンにまつわる怪奇現象も、なんとなーく感じる不吉な予兆の一部。
ちなみに、わたし自身はそんな前触れ感じたことないけど。

ラストはいちおーハッピーエンドってことで。

メアリー役はデブラ・メッシングでしたねー!
映画で見るのは初めて。
“WILL & GRACE”のグレイスとあまりにも違う。。
けど、美人な役どころで◎でした。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。