FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

サンキュー、ボーイズ
RIDING IN CARS WITH BOYS
2001年 アメリカ
131分 ヒューマン・コメディ/ドラマ/実話

監督:ペニー・マーシャル
製作:ジュリー・アンセル
    ジェームズ・L・ブルックス
    ローレンス・マーク
    リチャード・サカイ
製作総指揮:サラ・コレトン
        モーガン・ウォード
        ブリジット・ジョンソン
原作:ビバリー・ドノフリオ
脚本:モーガン・アプトン・ウォード
撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
編集:ローレンス・ジョーダン
    リチャード・マークス
音楽:ヘイター・ペレイラ
    ハンス・ジマー

出演:ドリュー・バリモア
    スティーヴ・ザーン
    アダム・ガルシア
    ブリタニー・マーフィ
    ジェームズ・ウッズ
    ロレイン・ブラッコ
    ピーター・ファシネリ
    デズモンド・ハリントン
    デヴィッド・モスコー
    マギー・ギレンホール
    ミカ・ブーレム
    サラ・ギルバート
    ロージー・ペレス
    スカイ・マッコール=バートシアク

STORY
1965年、コネティカット州の小さな町ウォリングフォード、
ニューヨーク大学に進学して作家になることを夢に見る女子高生ビバリーは、
パーティーで出会ったレイと軽い気持ちで付き合い始めるが、
15歳にしてレイとの子供を妊娠してしまった。
警察官である厳格な父親は、中絶も未婚の母親になることも許さず、
ビバリーは高校を中退してレイと結婚し、やがて男の子を出産する。
しかし、結婚生活は事実上破綻し、子育てに追われながら、
ビバリーは作家になる夢を決して諦めなかった・・・。


ドリュー・バリモアの持ち前の明るさのおかげで、
逆境にもめげないビバリーの強かさが前面に出た成長物語。
コメディ・タッチで描いてるぶん見やすいけど、感動は薄い。

これが事実なんだからしょうがないけど、
ビバリーの行き当たりばったりの人生に共感はしにくい・・・
素直すぎる身勝手さに若干イライラしながらも、
でもまだ10代なんだから若さ故の子供っぽさかな。
そんな中、3歳のジェイソン君の笑顔や、父と母を想う健気さに救われる!

ドリューが15歳の女の子を演じるのはやはり無理がありすぎで、
見ていてついつい忘れそうだった。
厚化粧の35歳の方がよっぽどしっくりきてたよ。
20歳のジェイソンを演じるアダム・ガルシアとドリューは2歳違いで、
15歳違いの親子を演じるとは・・・もう、そう騙されるしかないです。
スティーヴ・ザーンもブリタニー・マーフィも、もー歳がゴチャゴチャ。

ラスト、レイとジェイソンのやりとりはフィクションか?と思いつつ、
どうせフィクションならもうちょっと深みを持たしてくれ。
結局は、元夫レイは根っからのダメ男じゃないみたいだし、
息子ジェイソンはいい子に育ったし、父親とも仲直りして、めでたし。
3人のボーイズに振り回されていたようで、
実は周囲を一番振り回していたのはビバリー本人だった、ってことで。
やっと子離れしたんだから、次は親離れしなさいよ。

鑑賞方法:TV/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。