FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

オーシャンズ 11
OCEAN'S ELEVEN
2001年 アメリカ
116分 アクション/コメディ/犯罪

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作:ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮:スーザン・イーキンス
        ジョン・ハーディ
        ブルース・バーマン
原案:ジョージ・クレイトン・ジョンソン
脚本:テッド・グリフィン
オリジナル脚本:チャールズ・レデラー
          ハリー・ブラウン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デヴィッド・ホームズ
 
出演:ジョージ・クルーニー
    ブラッド・ピット
    ジュリア・ロバーツ
    マット・デイモン
    アンディ・ガルシア
    ドン・チードル
    エリオット・グールド
    カール・ライナー
    ケイシー・アフレック
    スコット・カーン
    エディ・ジェイミソン
    バーニー・マック
    シャオボー・クィン
    レノックス・ルイス
    ウラジミール・クリシュコ
    ラスティ・メイヤーズ

STORY
カリスマ的な窃盗犯ダニー・オーシャンは、
ニュージャージーの刑務所で4年間の服役後、仮釈放で出所した。
釈放から24時間もしないうちにカリフォルニアへ飛んだダニーは、
ハリウッドで旧友のラスティと会い、ある計画を持ちかけた。
それは、ラスベガスの3大カジノの売上金が集まる巨大金庫から、
1億6000万ドルもの大金を盗み出すという前代未聞の計画だった。
早速、この計画に必要なスポンサーや各分野のスペシャリストたちが引き抜かれ、
選りすぐりの11人による犯罪ドリーム・チームがラスベガスに集結した・・・。


オリジナルと共通なのは、ダニー・オーシャンって名前と、
ラスベガスのカジノ襲撃って元ネタくらいで、
比べてどーのこーのって映画ではなさそうです。

キャラが多くて個性が際立たないなー。
11人も要らないだろうーって思うけど、
地味によく働いていたのがモロイ兄弟の2人。
決して顔が大写しになることはないけど、がんばってたよケイシー。

『ミッション:インポッシブル』みたいな手に汗握る緊張感はなくて、
日本アニメの『ルパン三世』みたいな軽快なノリ、
そんなうまくいくはずないだろう~?!とか突っ込みながらも、
安心して見ていられる和やかな雰囲気。
誰も傷つけない、盗むに値しない人物からは盗まない、
失うものがないようなゲームをする、
って3つのルールもルパンに通ずるものがあるし、
これなら最後にお金が焼けちゃっても◎だったな。

厳重警戒のセキュリティシステムの金庫に忍び込もうってのに、
みんな飄々としてて、凄さが伝わってこないのよねー。
秒単位の連係プレーのわりには、ツメが甘いってゆーか、
希望的観測に基づいて進行しているってゆーか。
困難な状況にあっても、その場凌ぎで何とか切り抜けちゃってる感じ。
偶然の上に成り立った大成功なわけで。

あのオチは、現金を外に持ち出すアイデアとしてはありがち。
ってか、吹替で見たため、ラスティの声に聞き覚えありすぎ!
SWAT隊員の声聞いて、変装してるってすぐわかってしまった。
ベネディクトもさー、従業員全員の顔と名前を覚えているくらいの切れ者なら、
電話の声の主と同じ声だってことぐらい見抜きなさいよ。
ベネディクトの冷酷非道さがイマイチ伝わってこない。
むしろダニーとテスを生きたまま帰すなんて甘ちゃんだわ。

登場するシーンはいっつも何かを食べているラスティ。
アイスクリームのついたスプーンを舐めているシーンは、
ピーナッツ・バターを舐めているジョー・ブラックを思い出しちゃった。

インテリなジュリア・ロバーツかぁ。
大泥棒と大富豪が取り合うくらいのイイ女なんだろうか。
そして、ころっとオーシャンに寝返るあたりも理解し難く。
テスはいなくても、この話は成り立つ。

とにかく、出演者自身が楽しんで作ったんだろーなーって。
みんな肩の力抜いて、余裕の演技?ってか、手抜き?
薄い、緩い、甘い。
金庫から現金と見せかけて運び出したピンクチラシは、
一体誰が持ち込んだかは、謎ですねぇ。

ラスベガスという街がどんな場所なのか興味あり。
もし自分があの街に行ったら、どう楽しめるんだろう?
ギャンブル嫌い、ゲーセンですらお金を使えないわたしが、
街全体がエンターテイメントというベガスを、
たとえ一時的にしろ、わたしに楽しめるのか懐疑的。
しかーし、最後のベラージオの噴水のシーン、
立ち去る順番やタイミングはアドリブで撮ったらしいけど。
あの噴水を前に10人が並び、感慨深そう眺めては立ち去るあの場面・・・
・・・あぁ、行ってみたいなぁ。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。