FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ダブル・トラップ/白い肌の迷宮
IN HER DEFENSE
1998年 カナダ
98分 サスペンス
日本未公開

監督:シドニー・J・フューリー
製作:ジャン=マルク・フェリオ
脚本:マーク・リン
    ジェフリー・M・ローゼンバウム

出演:マーリー・マトリン
    ダニエル・パイロン
    マイケル・ダディコフ
    ソフィー・ロレイン
    スティーヴン・モーガン
    デヴィッド・アッティス

STORY
カナダ東部の地方都市セント・ジョン、
陪審員への裏工作で懲戒免職された過去を持つ、
元検事の弁護士アンドリュー・ガーフィールドは、
ある美術館のパーティーで聾唖の美女ジェーンに出会った。
暴力的な夫の虐待に耐えてきたジェーンに同情するアンドリューは、
彼女の離婚訴訟を担当することになり、
やがてジェーンに誘われるがままに不倫関係になる。
ある日、浮気現場に突然現れた夫と取っ組み合いになり、
アンドリューは近くにあった拳銃で彼を撃ち殺してしまった・・・。


ありきたりなサスペンス。
もうちょっと法廷サスペンスものの緊迫した雰囲気を期待してたのですが、
ただのエロチック・サスペンスでしょうか。
日本未公開も納得です。

邦題はミス・タイトルだね。
ダブル・トラップってことは、仕掛けが2つあるってことで、
いかにも怪しいジェーン以外にも真犯人がいるってことが、
映画を見る前から、登場人物の少なさからも、予測できちゃう。
アンドリューに好意的で一番意外そうな人物が・・・。

野心家で馬鹿な男、強欲でしたたかな女。
男の立場で見るか、女の立場で見るかによって、
だいぶ感想も変わってくるような気がするけど、
男って・・・なんて馬鹿な生き物なの。って。
ジェーンに騙されていると決めてかかって見ているもんだから、
尚更、あー破滅への道まっしぐらだなーって。

ってか、中途半端な優しさも正義も道徳も要らないから、
とことん破滅させて身を滅ぼさせて欲しかったわ。

完全犯罪が成立しなかったのはひとえに“人間の弱さ”ゆえ、
わたしは見るべきものを見ず、聞くべきことを聞き逃したのです。
って、唯一の裁き役サンローランのシメはいかがなものか。

鑑賞方法:TV/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。