FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ブラス!
BRASSED OFF
1996年 イギリス
107分 青春/音楽

監督:マーク・ハーマン
製作:スティーヴ・アボット
脚本:マーク・ハーマン
撮影:アンディ・コリンズ
美術:ドン・テイラー
衣裳:エイミー・ロバーツ
編集:マイケル・エリス・エース
音楽:トレヴァー・ジョーンズ
演奏:グライムソープ・コリアリー・バンド
 
出演:ピート・ポスルスウェイト
    ユアン・マクレガー
    タラ・フィッツジェラルド
    スティーヴン・トンプキンソン
    ジム・カーター
    メラニー・ヒル
    スー・ジョンストン
    フィリップ・ジャクソン
    メアリー・ヒーリー

STORY
1992年、イングランド北部ヨークシャー地方で最も古い炭鉱の町グリムリー。
グリムリー・コリアリー・バンドは炭鉱夫の仲間たちで結成され、
100年以上の伝統を誇る名門ブラスバンドであるが、
メンバーは炭鉱閉鎖問題に揺れ、生きる希望を失いかけていた。
ある日、フリューゲル・ホーン奏者のグロリアが町に帰郷してきた。
バンドの練習場に現われ見事な腕前を披露した彼女の存在に、
アルト・ホーン奏者のアンディは希望を抱く・・・。


激しい感動はないけれど、いい作品。
音楽や社会的主張がどーのこーのってよりも、
炭鉱の町で失業の危機に瀕する人々の生き様ってゆーか、
つまりは、フィルだな。
わたしにとっちゃこの映画の主人公はフィル。

10年前のストライキで破産、今でも多額の借金を抱えるフィル。
借金取りに家財を持っていかれ、妻は4人の子供を連れて家出。
道化のピエロを演じて微々たる小遣い稼ぎ。
炭鉱閉鎖で失業、バンドは解散、指揮者の父親は肺病で入院。
妻、子供、家、仕事、自尊心、希望、音楽、すべてを失ったフィルの
悲愴と怒りと罪悪が混じった絶望の表情が心に染みるよ。
特に、病院の前で演奏している時の顔ね、忘れられない。
てっきりダニーはあそこで死ぬのかと思ったさ(笑)

頑固者ダニーを演じるピート・ポスルスウェイトも、
今まで一癖ありげな役を見てきたけど、
あんな穏やかな表情は初めて見ました~。

しっかり政治的な主張も含まれている。
サッチャーやトーリー党の批判がなされているし、
ダニーの優勝スピーチにこの映画のテーマが凝縮されている。
バンドの結束、優勝、家族の再生、恋愛成就などのハッピーエンドの裏に、
炭鉱閉鎖による集団失業の現実を忘れてはならない。
そういった意味では、非常に「あっさり」感。

これは紛れもなく音楽映画であることは確かだけど、
炭鉱閉鎖、家族崩壊、アンディとグロリアの恋、ダニーの病気など扱うものが多くて、
メンバーそれぞれのバンドに対する想いが描き切れていない気がする。
大して練習もしてなかったのに、決勝大会で優勝しちゃうしね。
演奏の出来がいい時と悪い時の差が激しくて、
優勝したのはまぐれなんじゃないかと思ってしまいます。

とはいえ、わたしには音楽の良し悪しはさっぱりわからないけど、
名曲といわれる曲を聴くのは心地いいもの。
生で聞いたら鳥肌ものだろうな。
個人的にはオーケストラより吹奏楽のほうが好きみたいだ。

ヨークシャーの男は感情を見せないのが特徴らしいのに、
14歳の少年みたいなキラキラ(ニヤニヤ?)した瞳でグロリアを見過ぎのアンディ。
2人のロマンスはストーリー上なくてもいいと思うんだけど・・・
あ、そーすっとユアンの存在意義がなくなってしまうわ。
アンディは、ユアンが演じる役の中では珍しく普通の青年で、
物足りなさが残るのは否めないけど、
本人曰く「アンディは素の自分に一番近い役柄」らしい。

紫色のバンドのユニフォーム(うちの大学のスクールカラーと同じで親近感)
と同じ色に髪を染めて応援に臨むおばちゃんたちや、
アンディが一度は手放したアルト・ホーンを
取り戻すビリヤードの賭けがまぐれ勝ちだったり、
ダニーが拒否した優勝トロフィーをジムがちゃっかり持ち帰ったり、
地味な演出の中にもユーモアを忘れていない。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。