FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ
THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS
2005年 アメリカ
118分 青春/ドラマ

監督:ケン・クワピス
製作:デブラ・マーティン・チェイス
    デニーズ・ディ・ノヴィ
    ブロデリック・ジョンソン
    アンドリュー・A・コソーヴ
製作総指揮:キーラ・デイヴィス
        アリソン・グリーンスパン
        レスリー・モーゲンスタイン
原作:アン・ブラッシェアーズ 『トラベリング・パンツ』
脚本:デリア・エフロン
    エリザベス・チャンドラー
撮影:ジョン・ベイリー
美術:ゲイ・S・バックリー
編集:キャスリン・ヒモフ
音楽:クリフ・エデルマン

出演:アンバー・タンブリン
    アレクシス・ブレデル
    アメリカ・フェレーラ
    ブレイク・ライヴリー
    ジェナ・ボイド
    ブラッドリー・ウィットフォード
    ナンシー・トラヴィス
    レイチェル・ティコティン
    マイク・ヴォーゲル
    レオナルド・ナム

STORY
幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた仲良し4人組の少女たち。
彼女たちは16歳の夏を初めて別々の場所で過ごすことになった。
リーナは祖父母の暮らすギリシャへ、ブリジットはサッカー合宿でメキシコへ、
カルメンは別れた父親の暮らすサウスカロライナへ、
ティビーは地元に残りドキュメンタリー映画の制作に挑戦する。
出発前日、彼女たちは体型の違う4人全員にぴったり合う不思議なジーンズを見つけ、
この夏の間、1本の魔法のジーンズを4人で着回すことにする・・・。


久しぶりだわー、ザ・青春映画♪
少女たちそれぞれの苦悩と成長、残るのは前向きな爽快感。
うん、期待を裏切らなくていいねぇ。
こーゆー青春映画って、期待の若手俳優の発掘もできるし。

内気で引っ込み思案なリーナは、
ギリシアのサントリーニ島で暮らす祖父母を訪ねる。
エーゲ海の海と空の青さが素晴らしい!
サントリーニ島はいつか訪れてみたい場所のひとつ。
白と青のコントラストの景色にリーナの細い美しさが似合うんだなー。
無口なリーナはその表情やしぐさで感情を読み取らなければ。
官能的な異国で出会った日焼けした好青年コスタス、完璧すぎ。
太陽の熱にのぼせちゃいましたかねー。
ロミオとジュリエットのような2人の恋の行く末はともかく、
今までのイメージの殻を破ったリーナは、今後性格も変わるのでは。

明るくて行動的なブリジットは、母親が自殺したという過去を持つ。
父親には心を閉ざされ、サッカー合宿所へ届く手紙もそっけない。
その反動か、ブリジットは合宿で出会ったコーチのエリックに夢中になる。
その"無謀なほどのひたむきさ"に押されまくりのエリック。
あんな金髪美人に迫られたらねぇ。笑顔がキュートで。
ヴァージンを捧げて恋を成就させるけど、ブリジットの心はなぜか虚しくなるだけ。
母親を亡くして落ち込み、その悲しみを父親と共有したいのに心が通じず、
そんなぽっかりと空いた穴を埋めるために、エリックを追いかけていたのだと気づく。
父親との関係はまだ改善されていないけど、以前にも増して前向き。

反逆児でひねくれ者のティビーは、映画を撮る機材を買うために、
地元の大型スーパーでバイトしながら、幼い妹たちの面倒も見る、実はしっかり者。
白血病で死期の迫る12歳の少女ベイリーと出会い、
彼女の鋭い視点や、人の長所を見つける才能、前向きな生き方に触れる。
負け犬のダメ人間を題材にしたドキュメンタリーを撮りながら、
つまらない日常のつまらない人間に不平をこぼしてばかりだった自分を改め、
「幸せは完全な人生を手に入れる時より、日常のちょっとした瞬間に感じるもの」と気づく。
4人の中ではティビーがこの夏一番大きく成長したのではないかな。

プエルトリコ系の母親と2人暮らしのカルメンは、
何年も前に家を出て行った父親を訪ね、2人でひと夏を過ごす。
ところが行ってみると、父親は新しい恋人とその連れ子と暮らしていた。
父親の結婚式を間近に控え、いきなり花嫁の介添えをすることになったカルメン。
カルメンは子供っぽい言動が目立って、もっと大人になれ!と言いたくなるけど、
だってまだ16歳の女の子だもんねー。父親に甘えたいし、かまってもらいたいし。
いきなり現れた父親の恋人やその子供たちや、ブロンドだらけに囲まれたら、
劣等感だって感じるし意固地になるし、冷静に心を広くなんて無理よね。
ラストの結婚式シーンは、この映画のフィナーレ。
4人の絆を再確認するにはぴったりのロケーションね。

ストーリー配分がね平等で、テンポよく切り替わり同時進行していく。
キャラが引き立ってるからプロットがごっちゃになることもない。
むしろ4人分あって得した気分かも(笑)

原作では、17歳の夏編と18歳の夏編もあるので、続編はでるのでしょうか。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。