FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


スイミング・プール
SWIMMING POOL
2003年 フランス/イギリス
102分 ミステリー/サスペンス

監督: フランソワ・オゾン
製作: オリヴィエ・デルボス
    マルク・ミソニエ
脚本: フランソワ・オゾン
     エマニュエル・ベルンエイム
撮影: ヨリック・ル・ソー
音楽: フィリップ・ロンビ

出演: シャーロット・ランプリング
     リュディヴィーヌ・サニエ
     チャールズ・ダンス
     ジャン=マリー・ラムール
     マルク・ファヨール
     ミレイユ・モセ

STORY
女流作家のサラ・モートンは、ミステリー小説のシリーズを書くイギリスの人気作家。
収入や名声に不満はないが、退屈な日常に創作意欲を失いかけていた。
出版社の社長であり長年の愛人でもあるジョンのすすめで、
フランスにある彼の別荘にしばらく滞在することになったサラは、
南仏の明るい気候と小さな村の静かな環境を気に入り、早速執筆に取り掛かる。
ところがある夜、ジョンの娘ジュリーが別荘に転がりこんでくる。
自由奔放で男を誘惑しては家へ連れ込むジュリーにサラは嫌悪感を覚えるが、
若く美しく欲望のままに生きるジュリーに強い刺激を受け、
やがて彼女をモデルした新しい小説を書き始める・・・。


サニエちゃん・・・美しいです。大胆すぎます。
『8人の女たち』の次女カトリーヌ役のころはまだ子供っぽい印象があったけど、
ジュリーは妖艶で魅惑たっぷりで、女の自分が見てもドキドキするわ。

サニエの脱ぎっぷりや全裸で人を殴り殺す迫真の演技も凄いけど、
シャーロット・ランプリングの全裸もびっくりしました。女優魂を見た。

フランソワ・オゾン監督は、ほんと「女」を描かせたらうまい、とゆーか、
女の内に秘める感情、嫉妬、計算、強かさ、よくもまー抉り出すこと。

サラは20年もの間、『ドーウェル警部』シリーズのミステリー小説を書き続けている。
シリーズのファンは多く、作品には定評があり、稼ぎも申し分ない。
が、サラは満たされない。仕事に成功した独身女の欲求不満。
いまだ独身で、老いた父親の面倒を見なければならず、
愛人関係であるジョンはかまってくれず、会えばお金や次回作の話ばかり。
本当は愛情に飢えているのにわかってもらえない。

ジョンの南仏の別荘は、灰色のロンドンとは対照的に、
空は青く空気は澄み、日差しは穏やかで暖かく、自然に囲まれ、
静かで平和で、次々と物語のアイデアが浮かび、まさに理想的な環境。
しかし、週末には別荘を訪れるはずだったジョンは仕事を理由に訪れる気配はない。

その夜、現れたのがジュリー。
わたしの推測では、ここからがサラの小説の中。

ジュリーをモデルにした小説を書くという行為は、
その物語の中では、登場人物の言動だけでなく思考や背景さえも、
すべて作者に委ねられていて、書き手は絶対的な支配力を持つ。
その行為によって、サラはジュリーより優位な立場になったわけ。

自分がモデルになったサラの書きかけの小説を読んで、
ジュリーは呆然とするものの、とった行動はフランクを家へ連れ込むこと。
サラには少なからずもショックだったに違いない。
フランク殺害を認めたジュリーは「あなたの本のためにやった」と言う。
殺人行為がサラの本のプロットとして必要なことだったのか。
サラ自身が作り上げたプロットだったのか。

作り上げられたジュリーは、いわばサラの分身。
ジキルが人には知られたくない欲望をハイドにさせたように、
サラの抑えた欲望を実践する実体がジュリー。
「わたし(ジュリー)はあなた(サラ)に似ている」って台詞もあるし、
「あなた(サラ)は書くだけで実行できない」って台詞もある。

故にジュリーは自分の欲望に従順である。
言いたいことを言い、食べたいものを食べ、男に言い寄ったり引き留めたり、
欲望を行動に移せないサラの代わりに、書き手の思うままに動く。

サラは自分にはできないことをサラリとやってのけるジュリーを妬むと同時に、愛しくも感じる。
ジュリーは自分自身であり、自分はジュリーを生み出した母親でもあり。
それは自分の作品や登場人物に愛着を持つ、作家として当然の感情なのかもしれない。

実際には、ジュリーもジュリアも別荘にはいなかったし、フランクも殺されていない。
サラは、その存在だけを聞き知っていたジョンの娘ジュリアを想像して、
いつもランチを食べに行く店のウェイターでちょっと好意を寄せていたフランクや、
別荘の庭師で雑用を請け負ってくれるマルセルや、
身の回りの人物を小説の中の人物として登場させただけ。

「すべてはサラの想像のお話でした」的な、いわば夢オチってことなんだろうけど。
じゃぁ、どこまで現実でどこから想像なのかという線引きできるほどの充分な情報がなく。
描かれていない部分は自分で想像するしかないのか。

解釈は人それぞれって監督がコメントしてるくらいなんだから、
そもそも正しい答えなどはじめから用意されていないのかもしれない。
けど観客に丸投げすぎな感じもあり、所々で置かれた布石は役目を果たさないまま放置。
ジュリーの殴られたあざ、腹部の傷跡、母親への執着、
マルセルの娘が言う「ジュリーの母親は事故で死んだ」という言葉と怯えた態度、
新刊『スイミング・プール』の内容、ジュリーとジュリアの「入れ替わり」シーン。

謎は謎のまま。究極のミステリーね。


鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。