FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ファイナル・デスティネーション
Final Destination
2000年 アメリカ
97分 ホラー/サスペンス

監督:ジェームズ・ウォン
製作:グレン・モーガン
    クレイグ・ペリー
    ウォーレン・ザイド
製作総指揮:リチャード・ブレナー
        ブライアン・ウィッテン
原案:ジェフリー・レディック
脚本:グレン・モーガン
    ジェームズ・ウォン
    ジェフリー・レディック
撮影:ロバート・マクラクラン
音楽:シャーリー・ウォーカー
 
出演:デヴォン・サワ
    アリ・ラーター
    カー・スミス
    クリステン・クローク
    ダニエル・ローバック
    アマンダ・デトマー
    トニー・トッド
    ショーン・ウィリアム・スコット
    チャッド・E・ドネッラ

STORY
フランスへの修学旅行を楽しみにしていた高校生アレックスは、
離陸直前の飛行機の中で、飛行機が大爆発する惨事を夢に見る。
彼は夢のリアルさにパニックになり、「この飛行機は爆発する!」と叫び、
その騒動に巻き込まれた数人も一緒に飛行機の外に連れ出される。
アレックスら7人を残して離陸した飛行機は、彼らの目の前で本当に大爆発した。
運良く生き残った7人だが、やがて彼らは次々に不可解な死を遂げていく・・・。


ハラハラドキドキ!
何気ない風景や出来事に不吉な予兆を
感じさせる不気味な雰囲気は効果あり。
思わず身構えちゃうよー。
たまに先の展開が読めるところもあったけど、
全体的に、次に誰がどうやって殺されるのか?
という緊張感が良かった。

あの黒人の葬儀屋さんの位置づけがはっきりしない。
何のために?
アレックスに“死の筋書き”の存在を気づかせるため?
アレックスも飲み込みが早すぎるってゆーか、
なぜ彼が予兆を感じ取れるようになったのか説明もないし、
死が迫ってるわりにはけっこー冷静だよね。
“筋書き”が循環するのもなぜ1年後なのよ?

もっと死神・悪魔っぽいホラーにするか、
人がバタバタ殺されるブラック・ユーモアにするか、
どっちかに色濃くした方が良かったかも。

DVDの『もう一つのエンディング』はキレイに終わりすぎで、
本編のほうがいいね。
あと、トッドのお兄さん役のブレンダン・フェアが気になる。
『ロズウェル』に出てる人だよね?

デヴォン・サワはものすごく久しぶり
(『Dearフレンズ』以来)に見たけど、
けっこー好青年になって(でも美青年ではないよね?)
アメリカではティーンズに人気のアイドルだったんだっけ。

にしても、欧米人の若者は日本人より断然大人っぽく見えるうえに、
20歳を超えてる人たちが高校生役を演じることが多いようで・・・。

ということで、突っ込みどころいっぱい。
でも面白かった。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。