FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT



テッセラクト
THE TESSERACT
2003年 イギリス/タイ/日本
96分 サスペンス/犯罪/ミステリー

監督: オキサイド・パン
製作: 楠部孝
     甲斐真樹
     スージュン
製作総指揮: 河村光庸
         松本洋一
         宮里一義
原作: アレックス・ガーランド 『四次元立方体』
脚本: オキサイド・パン
     パトリック・ニーテ
撮影: デーチャー・スリマントラ
編集: オキサイド・パン
音楽: ジェームズ・イハ

出演: ジョナサン・リース=マイヤーズ
     サスキア・リーヴス
     アレクサンダー・レンデル
     カルロ・ナンニ
     レナ・クリステンセン

STORY
バンコク、とある安ホテルの一室で、イギリス人の運び屋ショーンは、
タイマフィアのシア・トウから届けられるブツを待っていた。
17時47分、突然の停電により電気が消え、ショーンはパニックに陥る。
同時刻、別室では届けられるブツを奪還すべく殺し屋リタが瀕死の重傷で身を潜めていた。
やがてイギリス人の心理学者ローザがホテルを訪れる。
ベルボーイの少年ウィットがそれぞれの部屋を行き来することにより、
4人の運命は複雑に絡み始める・・・。


「この映画は四次元の展開図である。

 一次元は二次元の展開図である。

 二次元は三次元の展開図である。

 ならば三次元は四次元の展開図となる。」

って説明、意味なくない?
この映画のどこに“テッセラクト”=“四次元立方体”が絡んでいるのかわからないし、
注意深く考えてみたけど、やはり何がテッセラクトなのかわからない。

どーやら、4人の登場人物の物語が複雑に絡み合ってどーのこーの、
ってのがテッセラクト的な解釈らしいんだけど、
そんなんありふれた構成だし、うーん、納得できる要素ではありません。
変な予備知識なしのほうが単純に観れたかもしれない。

主人公ショーンが運び屋としてはあまりにもドジで、頭が悪く、呆れてしまう。
と思ったら、彼はプロの運び屋ではなく、長期間にわたってアジアを旅行中の青年で、
金に困って危険な仕事に手を出した素人なわけで。
そりゃミスもするし、マフィアにはびびりまくり、必死ですよ。

主人公を含め、魅力的な登場人物はいないし(子役の演技は良い)、
登場するタイ人はなぜかみな流暢な英語を話す。

大団円ではバッタバタ次々と人が死んでいって、
殺し屋リタには双子の片割れがいたってゆーとってつけたようなオチは、
はぁ?って肩透かしにあったような感じ。

ローザと亡くなった息子とウィットのエピソードは、
唯一ほろっとするけどね。

時系列のズレ、時間軸の錯綜、ってゆー手法おいては、
嫌いな手法じゃないけど、その効果は『メメント』より格段劣る。

原作は読んだことないけど、
映画化するにあたりかなり端折ったところがあるようで、
そもそも映像化するのに無理があったんじゃないか、ってゆー。

欧米人がアジアに抱く魅力的なものは表現されているかも。
東南アジアの喧騒とした雰囲気とか、低所得者の現状とか。
原作者アレックス・ガーラントは『ザ・ビーチ』の原作者でもあるね。
アジアの神秘に魅せられているのかも。
けど今回もドラッグ絡みの映画で、タイの人怒るんじゃないの。
ともかく、わたしにとっては、良くも悪くもタイはタイでしかない。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。