FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


シン・シティ
SIN CITY
2005年 アメリカ
124分 サスペンス/アクション/犯罪

監督: フランク・ミラー
     ロバート・ロドリゲス
     クエンティン・タランティーノ (スペシャルゲスト監督)
製作: フランク・ミラー
     ロバート・ロドリゲス
     エリザベス・アヴェラン
製作総指揮: ボブ・ワインスタイン
          ハーヴェイ・ワインスタイン
原作: フランク・ミラー
脚本: ロバート・ロドリゲス
     フランク・ミラー
撮影: ロバート・ロドリゲス
特殊メイク効果: KNB EFX
編集: ロバート・ロドリゲス
音楽: ジョン・デブニー
     グレーム・レヴェル
     ロバート・ロドリゲス

出演: ブルース・ウィリス
     ミッキー・ローク
     クライヴ・オーウェン
     ジェシカ・アルバ
     ベニチオ・デル・トロ
     イライジャ・ウッド
     ブリタニー・マーフィ
     デヴォン青木
     ジョシュ・ハートネット
     ロザリオ・ドーソン
     マイケル・クラーク・ダンカン
     ニック・スタール
     カーラ・グギーノ
     マイケル・マドセン
     ジェイミー・キング
     アレクシス・ブレデル
     ルトガー・ハウアー
     パワーズ・ブース
     マーリー・シェルトン
     アリ・ヴァーヴィーン
     ジュード・チコレッラ
     トミー・フラナガン
     リック・ゴメス
     ニッキー・カット
     マッケンジー・ヴェガ
     フランク・ミラー

STORY
悪の蔓延る街“シン・シティ”で、愛する女のために命を懸ける男たちの物語。
エピソード1:「ハード・グッバイ」
屈強な肉体と醜い容姿を持つ仮出所中の大男マーヴは、
ある酒場でゴールディという美女に声を掛けられ一夜を共にする。
しかし彼が目を覚ますとゴールディは何者かに殺されていた。
マーヴは警察に追われながらも、ゴールディを殺した真犯人を探し始める・・・。
エピソード2:「ビッグ・ファット・キル」
顔を整形して街に戻ってきた殺人犯ドワイトは、
新しい恋人のシェリーにしつこく付きまとう男ジャッキー・ボーイとその仲間を追い返す。
彼らを追うと、ドワイトの元恋人ゲイルの仕切るオールド・タウンへ向かっていた。
そこは警察も介入できない娼婦街、武装した娼婦たちが彼らを待ち受けていた・・・。
エピソード3:「イエロー・バスタード」
持病の心臓病が悪化し、引退することを決めたベテラン刑事ハーティガンは、
連続幼女殺人犯であるロアーク・ジュニアを追い詰め、少女ナンシーを助ける。
しかし相棒に裏切られ、連続幼女殺人の犯人にされて刑務所に入れられてしまう。
それから8年後、ナンシーに再び危険が迫っていることを知ったハーティガンは、
無実の罪を認め刑務所から出ると、成長したナンシーに会いに行く・・・。


3人の男たちのモノローグで進められていく。
独自のルールに則って善悪を判断し、強固な意志を持って大胆に行動する。
ふぅ~、ハードボイルドだわ。

男たちはみなとことん男臭い。
女たちはみなセクシーで、且つ、強か。

フランク・ミラーの原作は知らないけどね、
セリフはもちろん、キャラクターたちの容貌も、
画面のカット割りも、モノクロ画面の中のパートカラーも、原作通り。

出来は良いんだと思う。
少なくとも原作のファンを失望させる映画ではないと思う。
ただ、人の好みはかなり分かれるんじゃないかな。
血生臭すぎる。オールカラーじゃ見てらんないよ。

わたしは嫌いじゃないけどねー。
だってロドリゲスだよ?だってタランティーノだよ?
やっぱこーでなくちゃ。

そしてなんといっても、豪華キャスト!!!

ブルース・ウィリスは言うまでもなく超クール!
ミッキー・ロークもかっこいい、最近別の映画で見たばかりだし。
クライヴ・オーウェンはあまり好きじゃないんだけど、
二丁拳銃はイマイチだったなぁ(笑)

けどね、主役たちよりも良いのは脇役たち。
存在感あるし、キャラもいいし、拍手。
こんな競演はなかなか見れないぞ。

小悪魔的ないかれ女のブリタニー・マーフィ、
死人なっても話し続けるベニチオ・デル・トロ、
台詞の一切ないデヴォン・アオキやイライジャ・ウッド、
いい脱ぎっぷりのカーラ・グギーノや ジェイミー・キング、
SMコスプレでマシンガンをぶっ放すロザリオ・ドーソン、
(それに比べて、ストリッパー役なのに脱がないジェシカ・アルバ)
特殊メイクでもはや素顔のわからないニック・スタール、
そして最初と最後のシークエンスは、ジョシュ・ハートネット。

好きな人には堪らないっす。


鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。