FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT


トリスタンとイゾルデ
TRISTAN & ISOLDE
TRISTAN + ISOLDE
2006年 アメリカ
125分  ロマンス/ドラマ/歴史劇

監督: ケヴィン・レイノルズ
製作: モシュ・ディアマント
     リサ・エルジー
     ジャンニーナ・ファシオ
     エリー・サマハ
製作総指揮: フランク・ヒュブナー
         ジム・レムリー
         リドリー・スコット
          トニー・スコット
         マシュー・スティルマン
         ジョン・ハーディ
脚本: ディーン・ジョーガリス
撮影: アルツール・ラインハルト
プロダクションデザイン: マーク・ゲラティ
衣装デザイン: マウリツィオ・ミレノッティ
編集: ピーター・ボイル
音楽: アン・ダッドリー

出演: ジェームズ・フランコ
     ソフィア・マイルズ
     ルーファス・シーウェル
     デヴィッド・パトリック・オハラ
     マーク・ストロング
     ヘンリー・カヴィル
     ブロナー・ギャラガー
     ロナン・ヴィバート
     ルーシー・ラッセル  
     バーバラ・コディトヴァ
     トーマス・サングスター

STORY
ローマ帝国が滅び、各部族が分裂したままのブリテン島は、
海を隔ててローマ軍の侵略を逃れたアイルランドに支配されていた。
アラゴン族のトリスタンは、幼い頃に両親をアイルランド軍に殺され、
命の恩人であるコーンウォール族の領主マークのもとで勇敢な戦士へと成長した。
ある時、アイルランド軍との戦闘により瀕死の重傷を負ったトリスタンは、
葬船に流され対岸に着き、アイルランドの国王ドナカーの娘イゾルデに発見される。
イゾルデの献身的な介抱により、トリスタンは息を吹き返す・・・。


トリスタン物語ってたしか5世紀ごろだっけ。
世界史の中でも中世ヨーロッパが一番好きだし、故に歴史劇も好き。
衣装もいいし小道具もいいし、景色もいい。

ただ歴史物語としては物足りず・・・ブリテン島の怒涛の暗黒時代ね。
前半の奇襲作戦あたりはけっこーテンポよく見応えあったけど、
最後のドア城での戦いぶりをもっと長く見せて欲しかった。
そこはやっぱラブストーリーに重きを置かれてるのかな。

今まで戦いばかりだったトリスタンの人生で、
死から生への生還と、初めて知った愛の喜び。
なのに最愛の人は、自分が父親のように慕う人と結婚する。
“愛”と“忠義”の狭間で揺れ動く。

トリスタンのウルウルした涙目が、まるで弱った子犬のよう。
胸がきゅーんとする。

トリスタンがブリテンへ戻るとき「一緒に行こう」と言うが、
アイルランド王の娘であるイゾルデはそれを断った。
イゾルデがマーク王に嫁ぐとき「一緒に逃げて」と言うが、
マークに忠義を尽くすトリスタンはそれを断った。
タイミングの合わなかった2人は、不貞を働くしかなかったのか。

一度きりの関係で、そのあとはプラトニックでいて欲しかったな。
触れたいのに触れられない、その距離感が切なさを盛り上げるのに、
不倫関係になってからは2人とも計画的に偲び逢い、
密会を重ね、その危ない関係を楽しんでいる感じ。
もちろん当人たちは堂々とできない切なさとか罪悪感とか、
いやってほど感じてるんだろうけど。

悲恋物語としては、重みがない。

まるで昼ドラの不倫物語だ。
違うのは、三角関係であるトリスタンの命の恩人でイゾルデの夫が、
トリスタンを息子同然に信頼していて、イゾルデを心から愛していて、
王としての力量も信頼も尊厳も持っている有能人物だということ。

マークがね、無能で非道で嫌味な奴なら、
解決すべき問題はいたって簡単なのだけど、そーじゃない。
このマークがほんとにイイ男で、その男気に惚れます。
短髪のルーファス・シーフェルもいいね。

あとひとつ疑問。
秘密の隠し通路で死んだメロートの遺体は発見されるのだろうか?
彼のことを忘れないでよー。

ジェームズ・フランコがさぁ、
ときたまヒース・レジャーに似て見えるんだよね。
2人の顔が似てないのはわかってるんだけど、
カールしたブルネットの髪と伏目がちな表情が、ときたまね。
いまだせつなすぎ。


鑑賞方法:DVD/字幕・吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。