FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

セイブ・ザ・ラスト・ダンス
SAVE THE LAST DANCE
2001年 アメリカ
113分 ロマンス/ドラマ/青春

監督:トーマス・カーター
製作:ロバート・W・コート
    デヴィッド・マッデン
原案:デュエイン・アドラー
脚本:デュエイン・アドラー
    シェリル・エドワーズ
撮影:ロビー・グリーンバーグ
音楽:マーク・アイシャム

出演:ジュリア・スタイルズ
    ショーン・パトリック・トーマス
    ケリー・ワシントン
    フレドロ・スター
    テリー・キニー
    ビアンカ・ローソン
    ヴィンス・グリーン

STORY
イリノイ州の田舎町で育ったサラは、
バレエに情熱を捧げ、名門ジュリアード音楽院への進学を夢見ていた。
しかし、大事なオーディションの最中に母が交通事故で死んでしまう。
自分のせいで母を失ったと思い込んだ彼女は、バレエの夢を諦め、
幼い頃に別れたミュージシャンの父ロイとシカゴで新たな生活を始める。
黒人の多い高校で、やっと一児の母シェニールとその弟デレクと親しくなり、
サラは、初めてヒップホップの世界に触れる・・・。


ヒップホップ好きの人にはいいのかもね。
わたしはヒップホップのバレエも全くの無知だから、
サラやデレクがどれくらいすごいのかわからないけど。
(もしくはすごくないのかもしれないけど)
でもジュリア・スタイルズの努力は充分にうかがえるわ。
ラストのダンスもわたしには圧巻だった。

出演者のほとんどが黒人で、
特有の俗語なのかスラングが多かったように思う。
“かっこいい”を“slamming”と言うのね。
人種差別問題にはやはりどっち側にも共感できず、
なんでみんなで仲良くできないよの?!って半ば怒り気味。
サラ以外にもう一人くらい白人の誰かに
スポットを当ててもよかったのでは。
あ、でも話がズレちゃうか。
ダンス、恋愛、人種差別、(友情?親子?)と
扱ってるテーマが多いから
ちょっと中途半端な部分もある。
最終的に、サラはジュリアードに合格し、デレクとも仲直りして、
ハッピーエンドではあるけど、
でも根本的な問題は解決していないのでは?
白人女性と黒人男性が付き合うことで
周囲の黒人女性に不快感を与えることに変わりはないでしょ?
サラとニッキーの関係も改善されてないし。

DVDの未公開シーンで、
サラと父親が心を寄せ始めたり、
シェニールとケリーが決意を新たにしたり、
すごくいいシーンがあったのに・・・もったいない。

ジュリア・スタイルズ、4作品目。
美人ではないけど、チャーミングな女優さんです。
余談ですが、本作品の監督は、
“10 Things I Hate About You”のジュリア演じるキャットの“Table Dance”を見て、
この映画に起用したんだそうな。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。