FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ジャッキー・ブラウン
JACKIE BROWN
1997年 アメリカ
155分 ドラマ/犯罪

監督:クエンティン・タランティーノ
製作:ローレンス・ベンダー
製作総指揮:リチャード・N・グラッドスタイン
        エルモア・レナード
        ボブ・ワインスタイン
        ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:エルモア・レナード
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:サリー・メンケ
プロダクションデザイナー:デヴィッド・ワスコ
 
出演:パム・グリア
    サミュエル・L・ジャクソン
    ロバート・フォスター
    ブリジット・フォンダ
    マイケル・キートン
    ロバート・デ・ニーロ
    マイケル・ボーウェン
    クリス・タッカー
    リサ・ゲイ・ハミルトン
    トム・“タイニー”・リスター・Jr.
    ハティ・ウィンストン
    デニース・クロスビー
    シド・ヘイグ

STORY
LA、航空会社に勤めるジャッキー・ブラウンは、スチュワーデスの片手間で、
武器密売人オデール・ロビーの売上金をメキシコからアメリカに運んでいた。
しかし、ジャッキーは空港で連邦保安官レイ・ニコレットに逮捕され、
オデールの逮捕に協力するように取引を持ちかけられる。
ジャッキーの逮捕を知ったオデールは、
保釈金融業者マックス・チェリーを訪ね、1万ドルでジャッキーの保釈を依頼する。
彼女を迎えに行ったマックスは、彼女を一目見るなり恋してしまう。
一方、ジャッキーは、オデールが自分を消そうとしているのを察知し、
関係者を欺いた大それた計画を立てていた・・・。


タランティーノ作品は久しぶり。
で、期待しすぎだったのかなー
期待外れだった気もしなくはない・・・。
バイオレンスがいつもより抑え気味でね、
でもそれが逆に良かったのかもしれない。
いろんな人間関係が絡まったり、時間が交錯したり、
ここはいつも通りどおりテンポよく見れた。
犯罪者が善人に思えてきたり、心底憎むべき悪役もいないし。
ま『パルプ・フィクション』と比べちゃいかんが。

デ・ニーロにあんなオトボケ役やらせちゃって・・・3分って。
舞台はLAなんだけどすごくローカルな感じで、
でもかっこいい映画だった。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。