FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

クルーエル・インテンションズ
CRUEL INTENTIONS
1999年 アメリカ
97分 ドラマ/青春

監督:ロジャー・カンブル
製作:ニール・H・モリッツ
製作総指揮:マイケル・フォトレル
原作:コデルロス・ド・ラクロ
脚本:ロジャー・カンブル
撮影:テオ・ヴァン・デ・サンデ
音楽:エドワード・シェアマー

出演:サラ・ミシェル・ゲラー
    ライアン・フィリップ
    リース・ウィザースプーン
    セルマ・ブレア
    ルイーズ・フレッチャー
    ジョシュア・ジャクソン
    エリック・メビウス
    ショーン・パトリック・トーマス
    スウージー・カーツ
    クリスティーン・バランスキー 
    デボラ・オフナー
    タラ・リード
    ハータ・ウェア

STORY
名門マンチェスター進学校に通うキャスリンとセバスチャンは、
マンハッタンの豪邸で優雅に暮らす義理の姉弟。
夏休みに2人はある賭けをする。
それは、生真面目な転校生アネットの処女をセバスチャンが奪えるかどうか、
という他人の恋愛を操るゲームのような賭けだった・・・。


おーい、あんな高校生いるか?
主要なの3人が22~25歳で高校生演じてるんだもの。
ニューヨークのお金持ちな若者ってあんなだろうか。
非現実的すぎーでもかっこいい!
キャスリンとセバスチャンの家を
アンティークにしたのはいい演出だと思う。
キャスリンの濃紺を基調とした部屋が素敵。
プレイボーイだったセバスチャンの心の成長が見所。
でもあんなに簡単に改心するもんだろうか、
それだけアネットとの出会いと存在が大きかったってこと?
せっかく大切な誰かに巡り合うことができたのに・・・
セバスチャーン、カムバーック!
キャスリンが懲らしめられる結末はすっきりするけど、
ちょっと惜しいなぁ。
サラ・ミシェル・ゲラーの悪女っぷりはサイコー。
どうせならとことん悪を貫いて破滅してほしくなかったな。
最後の最後、
アネットがセバスチャンの黒いジャガーでぶっ飛ばしてるけど、
それこそ悪女の姿に見えなくもない・・・。

ライアン・フィリップとリース・ウェザースプーンが
結婚したのは嬉しい限り。美男美女だねー。
セルマ・ブレアも体張ってがんばってたのー。

続編は見る気がしなーい。
だって、ライアンもサラもいないんだもの。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。