FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

マイノリティ・リポート
MINORITY REPORT
2002年 アメリカ
145分 SF/サスペンス/アクション

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:ボニー・カーティス
    ジェラルド・R・モーレン
    ヤン・デ・ボン
    ウォルター・F・パークス
製作総指揮:ゲイリー・ゴールドマン
        ロナルド・シャセット
原作:フィリップ・K・ディック
脚本:ジョン・コーエン
    スコット・フランク
撮影:ヤヌス・カミンスキー
SFX:ILM
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演:トム・クルーズ
    コリン・ファレル
    サマンサ・モートン
    マックス・フォン・シドー
    ロイス・スミス
    ピーター・ストーメア
    ティム・ブレイク・ネルソン
    スティーヴ・ハリス
    キャスリン・モリス
    マイク・バインダー
    ダニエル・ロンドン
    ドミニク・スコット・ケイ
    ニール・マクドノー
    ジェシカ・キャプショー
    パトリック・キルパトリック
    ジェシカ・ハーパー
    アシュレイ・クロウ
    アリー・グロス

STORY
2054年、ワシントンDC。
“プリコグ”と呼ばれる3人の予知能力者による犯罪予知のおかげで、
実際に事件が起こる前に犯人を逮捕するという犯罪予防システムが成果をあげていた。
ある日、犯罪予防局の犯罪取締チームの主任ジョン・アンダートンは、
自分が36時間以内に見ず知らずの他人を殺害すると予知されたことを知る。
彼は逃走を続けながら、自らの容疑を晴らそうとする・・・。


殺人犯罪発生率0%、その完璧さが余計に怖い。
完璧なはずのそのシステムに本当に欠陥はないのか。
殺人を予知するプリコグはたしかに人間であり、
その能力も遺伝子的な失敗により生まれたもの、
プリコグの予知をチェックするのも管理するのも人間、
殺人現場と犯人を特定し逮捕するのも人間、
収容された囚人を管理するのも人間。
そんな人間だらけのシステムの中で、
もし人為的な操作がなされていたとしたら?

すべてを人間の判断に依存したシステムでは完璧さが求められるがために、
"少数派の報告(minority report)"は削除され、故に必ず欠陥は存在する。
ハイテクの限りを尽くした理想的な世界のようで、
その裏には悪が蔓延る闇の世界が存在しているように、
人間悪・社会悪を根絶することは、いつの時代にも不可能なこと。

ジョンの殺人が予知されて、
なぜ彼は会ったこともない男を殺すことになったのか、
という筋を追いながら見ていく。未来を変えるんだよって願いながら。
彼は逃亡しながら自分の無実を証明しようと奔走するけど、
結果的にはそうやって未来を変えようとしたことによって、
予知が現実になったりするんだよ。

無実を証明したいなら、予知された犯行時刻まで身を潜めてりゃいいのに、
「自分がどうなるのか知りたい」とかなんとか言って、
その時間、その場所に足を運ぶからいけないんだよ。
きっと「自分は人を殺さない」って自信がそうさせたんだろうけど。
もしジョンが人を殺すならその動機は一つ、
6年前に最愛の息子ショーンを誘拐した犯人への復讐。
アガサの説得もあり、ジョンはその殺意を寸前で押し留める。
けど、偽の犯人ともみ合っているうちに拳銃で撃ち殺してしまった事実に違いはない。
プリコグの予知は絶対なのか・・・?

こーゆープロットもよくあるよね、
未来から過去へタイムスリップした人が何らかの目的で、
過去を変えてその影響で未来をも変えようとするんだけど、
結局はそのタイムスリップそのものが未来に影響していたんだってオチ。
だからそこらへんは予想できたんだけど、
ジョンが逮捕されたあとの流れは、いい意味で裏切られたな。
「自分の未来は自分で決める」ってことで。

50年後にあんな乗り物できてればいいなー!!!
交通渋滞もないし目的地までひとっ飛びだよぉ。
タケコプターみたいなやつで単身で空も飛べる。あんなのが欲しい。
こんな便利な世の中で、現代と、もとい、数百年前から変わらないのが、傘。
雨が降れば傘を手に持って差す。
あんな煩わしいもの、50年後にはどうにか進化させて欲しいものだわ。

つくづく、スピルバーグは多彩な人だなぁ。
突っ込みたい矛盾点はいくつかあるけど。
あまり期待してなかったので、余計におもしろかったです。

アガサの青い瞳がとっても印象的だった。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。