FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ウインドトーカーズ
WINDTALKERS
2002年 アメリカ
134分 アクション/ドラマ/戦争

監督:ジョン・ウー
製作:テレンス・チャン
    トレイシー・グレアム
    アリソン・R・ローゼンツウィグ
    ジョン・ウー
製作総指揮:C・O・エリクソン
脚本:ジョン・ライス
    ジョー・バッティア
撮影:ジェフリー・L・キンボール
音楽:ジェームズ・ホーナー
 
出演:ニコラス・ケイジ
    アダム・ビーチ
    クリスチャン・スレイター
    ピーター・ストーメア
    ノア・エメリッヒ
    マーク・ラファロ
    ブライアン・ヴァン・ホルト
    マーティン・ヘンダーソン
    ロジャー・ウィリー
    フランシス・オコナー
    ジェイソン・アイザックス

STORY
1943年、第二次世界大戦下の南太平洋ソロモン諸島ガダルカナル。
上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長は、
日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、
唯一の生き残りとして心と体に深い傷を負って帰還する。
一刻も早い復隊を希望するエンダーズに課せられた新たな任務は、
“ウインドトーカーズ”と呼ばれるナバホ族の暗号通信兵の護衛。
しかし、死守すべきは通信兵の命よりも暗号の秘密であり、
情が移らないように、エンダーズは通信兵ヤージーに冷たい態度を取る・・・。


二次大戦下のアメリカで
ナバホ族の通信兵が活躍していたとは知らなかった。
彼らが“アメリカ”のために命を懸けるなんて驚き。
エンダーズらとの友情は素晴らしいと思うけど、ね。
やっぱり日本人にとってはあまり気持ちのいい映画ではないよね。
いくらナバホ族が日本人に似てるからって・・・
こっちから見れば違う人種の顔だし「ホリョダ」には騙されないぞ。

うーん、もともと戦争映画は好みじゃないからな。
『エネミー・ライン』よりかはマシ。
それにしても人(主に日本人)がバッタバッタ殺されすぎ。
あぁ、クリスチャン・スレーターの頭をちょん切らないでぇ。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。