FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

エネミー・ライン
BEHIND ENEMY LINES
2001年 アメリカ
106分 アクション/戦争

監督:ジョン・ムーア
製作:ジョン・デイヴィス
製作総指揮:ステファニー・オースティン
        ウィック・ゴッドフレイ
原案:ジム・トーマス
    ジョン・C・トーマス
脚本:デヴィッド・ヴェロズ
    ザック・ペン
撮影:ブレンダン・ガルヴィン
音楽:ドン・デイヴィス
 
出演:オーウェン・ウィルソン
    ジーン・ハックマン
    ガブリエル・マクト
    チャールズ・マリック・ホイットフィールド
    ヨアキム・デ・アルメイダ
    デヴィッド・キース
    オレク・クルパ
    ウラジミール・マシコフ
    シェーン・ジョンソン
    ジェフ・ピアソン

STORY
アラビア海に浮かぶ米海軍原子力空母USSカールヴィンソン、
民族紛争が終結したボスニアの平和維持活動に当たるクリス・バーネット大尉は、
偵察飛行ばかりの単調な毎日に嫌気がさし、
上官のレイガート司令官に海軍を辞めると言い放っていた。
ある日、クリスが最後の偵察飛行でボスニア上空に向かうと、
非武装地域でセルビア部隊による民間人の惨殺現場を発見する。
高性能カメラで撮影するが、部隊からミサイル攻撃を受け、
飛行機は敵陣のど真ん中に不時着してしまった・・・。


ストーリーがないぞ。
“戦争”がしたいといって退役届けを出していたクリス。
エネミーラインから無事に生還し結局は海軍に留まるけど、
心変わりの理由は何なのよ?
彼が経験したのは“戦争”ではなくて、命からがら逃げること。
そこに“正義”なんてないのに。
まーたしかにセルビア軍が悪の象徴にされてはいたけどね。

アクションの迫力はなかなか。
ひたすら走りまくるオーウェン・ウィルソンに笑っちゃう。
できるだけ目立たないように逃げるのが鉄則じゃないの。
銃弾も絶対に当たらないし。
ま、これで生還できなきゃ納得いかないもんな。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。