FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ペイ・フォワード 可能の王国
PAY IT FORWARD
2000年 アメリカ
123分 ドラマ

監督:ミミ・レダー
製作:ピーター・エイブラムス
    ロバート・L・レヴィ
    スティーヴン・ルーサー
製作総指揮:メアリー・マクラグレン
        ジョナサン・トレイスマン
原作:キャサリン・ライアン・ハイド
脚本:レスリー・ディクソン
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
音楽:トーマス・ニューマン
 
出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント
    ケヴィン・スペイシー
    ヘレン・ハント
    ジェームズ・カヴィーゼル
    ショーン・パイフロム
    ジョン・ボン・ジョヴィ
    アンジー・ディキンソン
    ラスティ・メイヤーズ
    ジェイ・モーア
    デヴィッド・ラムゼイ
    ゲイリー・ワーンツ
    コリーン・フリン
    マーク・ドネイト

STORY
中学1年生のトレバーは、アル中の父親は家出中で、
その負担から同じくアル中気味の母親アーリーンと2人で暮らしていた。
ある日、社会科の最初の授業で、シモネット先生が出した課題は、
“この世の中を変えるには何をしたらいい?”というもの。
そして、トレバーは“ペイ・フォワード”計画を思いつく。
1人の人間から受けた親切を3人の他の人間に回すというものだった・・・。


オスメント君はすごいなー。
あのウルウルした瞳は捨てられた仔犬のよう。

自分が受けた親切をお返しするのではなく
ほかの人に渡すってアイデアは、
世界中の人々が善人であるという前提に成り立つものであり、
ピュアな心を持つトレバーだからそ思いつくんだろうな。
ねずみ講や、貞子の呪いのビデオを思い出しちゃったけど(笑)
偽善的な内容だと思ったけど最後にトレバーが殺されてしまうのは、
やはり現実はそううまくいかないってことでしょうか。
いきなりすぎる死に困惑するけど、
もしハッピーエンドならそれは理想論にすぎないし、
これでよかったのかも。
ただ、製作側の「ここで泣け!」って感じが・・・。

ケヴィン・スペイシーが◎
トレバーの父親役、
ボン・ジョヴィじゃなくてもよかったんじゃないの。

鑑賞方法:TV/吹替
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。