FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

BULLY/ブリー
BULLY
2002年 フランス/アメリカ
111分 ドラマ/サスペンス

監督:ラリー・クラーク
製作:クリス・ハンレイ
    ドン・マーフィ
    フェルナンド・サリシン
原作:ジム・シュッツ
脚本:ザカリー・ロング
    ロジャー・プリス
撮影:スティーヴ・ゲイナー
編集:アンドリュー・ハフィッツ
音楽:エミネム
 
出演:ブラッド・レンフロ
    ビジョウ・フィリップス
    レイチェル・マイナー
    ニック・スタール
    マイケル・ピット
    レオ・フィッツパトリック
    ケリ・ガーナー
    ダニエル・フランゼーゼ

STORY
南フロリダの海岸で暇を持て余すボビーとマーティは幼馴染みで親友同士。
裕福で厳格な家庭に育った切れ者のボビーと、高校の落ちこぼれのマーティ。
ある日、彼らは2人の女の子アリとリサをデートに誘い、
マーティとリサはすぐに意気投合して付き合うようになる。
やがてリサは、ボビーがマーティを暴力的に支配していることに気づき、
ボビーへの激しい憎悪を募らせていく・・・。


マーティとボビーの関係は偽りの友情だった・・・気づくの遅すぎ。
気づかないフリをしてたのかも。
本当の親友ならむやみに“親友”って言葉を口にしたりしない。
「親友でしょ?」とか「友達だろ?」って台詞は昔から嫌いだ。
本当の親友なら相手の弱さに気づいてあげられるし、
弱ってるときには救ってあげたいと思うもの。

ボビーは厳しい親に逆らうことができず自分を抑制しているぶん、
マーティに限らず周囲の友達や女の子に対しても、
支配的でサディストになってしまう。
だからって殺していいわけじゃないけど。
本当に弱い人間はボビーだったんだよ、気づいてあげようよ。

リサだって、本当にボビーを憎んでいたわけじゃなく、
心からマーティを愛していたわけでもなく、
ただ孤独を紛らわしたかっただけなんじゃないの。
全てを誰かのせいにしちゃえば楽だもんね。
思春期ゆえの暴走か。
その後、事件に関わった若者たちはどう感じているのだろうか。

ブラッド・レンフロはすっかり大人っぽくなって、
もう少年っぽさはなくなってしまったわ。
5年後に期待!

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。