FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

ジーパーズ・クリーパーズ
JEEPERS CREEPERS
2001年 アメリカ
90分 ホラー

監督:ヴィクター・サルヴァ
製作:トム・ルーズ
    バリー・オッパー
製作総指揮:ウィリ・バール
        フランシス・フォード・コッポラ
        エバーハード・ケイサー
        マリオ・オホーヴェン
        リンダ・レイズマン
脚本:ヴィクター・サルヴァ
撮影:ドン・E・ファンルロイ
音楽:ベネット・サルヴェイ

出演:ジーナ・フィリップス
    ジャスティン・ロング
    ジョナサン・ブレック
    パトリシア・ベルチャー
    アイリーン・ブレナン
    ペギー・シェフィールド

STORY
大学生のトリッシュと弟のダリーは、春休みに帰省するために、
いつもの長い道のりを車で走っていた。
途中、猛スピードで走る無気味なトラックに執拗に追撃される。
やがて、ある廃屋と化した教会の前で、先ほどのトラックが止まり、
運転手の大男が血の染み付いた布に包んだ「何か」を、
廃水用のパイプに落とすところを、2人は目撃する。
2人は好奇心にかられ、廃水用のパイプを覗きに行く・・・。


   23年に一度、23日間、人々は消える。

・・・ってキャッチコピーも“都市伝説”も知らないで見てたから、
ただ、執拗に追われるサスペンス・アクションだと思ってました。
そしたら、全然違った~。これはホラー、SFホラーだね。

中盤までは良かった。教会の地下室とか・・・こわっ!
あの怪物の顔がチラッと見えたときは、このツラは人間じゃない!
って思って、シルエットだけでも充分に怖かったのに・・・。
羽が飛び出してきたときは笑いました。
怪物の全身が見えちゃうとな・・・一気に興醒め。
壁を這ったり、奇声を発したり、空を飛んだり。
でも人間じゃないくせに、体型は人型で、直立二足歩行してるし。

超能力者のおばちゃんが言ってた、
怪物は人間を食べることによりその肉体的機能を得る(?)
つまり、肺を食べれば呼吸し、目を食べれば物が見える、
って説明も筋が通ってないぞー?
人間一人食べつくせば、すべての機能はそろうはずじゃん。
視力があるのにダリーの目を食べ、
警官の舌を食べたのに言葉は話せないし。

縫い合わされた死体のコレクションのワケとか、
無関心で冷淡なレストランの客たちとか、ほったらかしで、
収拾つかなくて、無理矢理終わらせたって感じかな。
“都市伝説”をもっと掘り下げ欲しかった。

でも、ラストの余韻はいいねー。
椅子に腰掛けて、レコードの音楽をたしなむ怪物の姿も(笑)

鑑賞方法:TV/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。