FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

座頭市
2003年 日本
115分 時代劇/アクション


監督:北野武
プロデューサー:森昌行
          齋藤恒久
企画:齋藤智恵子
原作:子母沢寛
脚本:北野武
撮影:柳島克己
美術:磯田典宏
編集:北野武
    太田義則
音楽:鈴木慶一
衣裳デザイン:黒澤和子
衣裳監修:山本耀司
照明:高屋齋
録音:堀内戦治
助監督:松川嵩史
 
出演:ビートたけし
    浅野忠信
    夏川結衣
    大楠道代
    橘大五郎
    大家由祐子
    ガダルカナル・タカ
    岸部一徳
    石倉三郎
    柄本明

STORY
刀が仕組まれた朱塗りの杖を持つ盲目の居合いの達人の座頭市。
服部源之助という浪人と病気を患う妻おしの。
三味線に武器を仕込んでいる旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。
それぞれに影を秘めた3組が同じ宿場町になってきた。
町を仕切る親分の銀蔵を介して、3組の運命は交錯しはじめる・・・。

    
時代劇はキライじゃないけど、あんまり見ることはない。
テレビでやってるお年寄り向けの時代劇では、
善人と悪人がはっきり分かれていて、
善が悪を懲らしめるという、いわば成長のない痛快な遍歴物語。
血飛沫があがることも深い切り傷も切られた着物すら出てこない。
だから、感覚が麻痺しちゃってたのかなー。
斬られる悪党たちがどんなに腹黒くて極悪非道であろうと、
彼らに制裁を加えることは人を殺めることに違いはなく、
大量殺人の残酷さなんて感じたことなかったよ。

でも『座頭市』では、血は飛び散るし刀は貫通しちゃうし、
刀に残った血の跡まであって、やけにリアルだった。
(CGだけど。だからどんなに返り血を浴びても血がつかない。)
きっとこれから普通の時代劇の殺陣シーンを見たら、
ほんとーは血の海なんだろなーとか考えちゃいそう。
『座頭市』がR指定である理由はその残忍な映像なんだろうけど、
(ところで、R指定映画をテレビで放映していいんだろうか?)
『バトル・ロワイアル』と比べたら全然だし、
時代劇において人が人を刀で斬る行為は当たり前だとゆーのに。

それはさておき、おもしろかった。
勝新太郎の『座頭市』は見たことがないから比べられないけど、
ってか比べちゃいかんのだろーな。異質。
時代劇の常識を破る斬新な試みであるし、
エンターテイメントとしては、充分に見ごたえがあった。
浅野氏演じる服部源之助が人間味のある敵役でよかった。

ただこれがヴェネチアで監督賞とったってのは疑問。

鑑賞方法:TV
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。