FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

真夏の出来事
HEAD ABOVE WATER
1996年 アメリカ
92分 サスペンス/ブラックコメディ

監督:ジム・ウィルソン
製作:ジョン・M・ジェイコブセン
    ジム・ウィルソン
原案:ギア・エリクセン
    アイリック・イルダール
脚本:テレサ・マリー
撮影:リチャード・ボーウェン
音楽:クリストファー・ヤング
 
出演:ハーヴェイ・カイテル
    キャメロン・ディアス
    クレイグ・シェイファー
    ビリー・ゼイン
    シェイ・ダフィン

STORY
新婚夫婦のエリート判事ジョージと妻ナタリーは、
バカンスを楽しむために、離れ小島のサマーハウスにやって来た。
そこの管理人ランスは、ナタリーの幼馴染みで、密かに彼女を想っていた。
ある晩、ジョージとランスが釣りに出かけたとき、
ナタリーの元に昔の恋人ケントが現れる。
翌朝、ケントは死体となって発見された。
ナタリーはジョージとランスが帰ってくる前に、慌ててケントの死体を隠すが、
ジョージに浮気を疑われ、ケントの死体を発見したと白状する。
自らの保身のために、死体を処分しようとするジョージ。
一方、ナタリーは夫のことを疑っている・・・。


始まりはサスペンス、いろいろ伏線はあったと思うけど。
離島も、いわば密室ですしね。
ところが、途中からブラックたっぷりじゃないかぁぁ。
ブラックなオチで、謎解きはなし。中途半端な。
でも終盤で、どんどん悪い方向へ向かっていく展開は大いに笑った。
偶然ってほんとに恐ろしいわー!

薬中毒だったナタリーを立ち直らせ、頼りがいのあるジョージが、
自分の判事としての地位を守るために、
自己本位で冷酷な男に変わっていく姿がいい。
まさしく、“豹変”って感じで。
ハーヴェイ・カイテルはほんと硬軟自在だね。
半ズボン姿には笑っちゃったけど。

キャメロン・ディアスの水着姿がかわいかった。
空と海もキレイだった。

鑑賞方法:TV/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。