FC2Blog | RSS1.0 | LOG-IN | NEW ENTRY 

MOVIE REVIEWS

基本的にすべてネタバレ。コメント・トラバ大歓迎。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) | TOP | EDIT

マルホランド・ドライブ
MULHOLLAND DRIVE
2001年 アメリカ
146分 ドラマ/ミステリー

監督:デヴィッド・リンチ
製作:ニール・エデルスタイン
    ジョイス・エライアソン
    トニー・クランツ
    マイケル・ポレール
    アラン・サルド
    メアリー・スウィーニー
製作総指揮:ピエール・エデルマン
        デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
撮影:ピーター・デミング
編集:メアリー・スウィーニー
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演:ナオミ・ワッツ
    ローラ・エレナ・ハリング
    アン・ミラー
    ジャスティン・セロー
    ダン・ヘダヤ
    マーク・ペルグリノ
    ブライアン・ビーコック
    ロバート・フォスター
    アンジェロ・バダラメンティ
    キャサリン・タウン
    メリッサ・ジョージ

STORY
ロサンゼルス北部の山を横断するマルホランド・ドライブで、
ある真夜中に車の衝突事故が起きた。
唯一生き残った黒髪の女は負傷しながらも、
ハリウッドの街まで辿り着き、隙を見て留守宅へ忍び込んだ。
その家は有名女優ルースの家であり、ルースの姪ベティと鉢合わせする。
ベティは、リタと名乗る黒髪の女を叔母の友人と思い込むが、
すぐに見知らぬ他人であると気づき、リタを問い詰めると、
リタは怯えた様子で何も覚えていないと訴える。
ベティは同情と好奇心からリタの記憶を取り戻す手助けを買って出る・・・。


デヴィッド・リンチ監督映画は2作品目。
これが彼の世界だと言ってしまえば、説明は要らないかもしれない。

監督は「言葉での解釈を求められるのはとても不本意だ」と言う。
理屈抜きで体感し、自分の直感や感性を主体的に働かせれば、
自分なりの理解ができるはずだ、音楽のように。

わたしなりの解釈では、
リタが青い箱を開けるまでの前半部分は、
ダイアンが息絶える直前に見た夢の世界であり、
残りの後半部分はダイアンとカミーラが実在していた現実の世界。
順序を逆にして見ると、幾分解りやすくなった。

現実の世界で、ダイアンはカミーラに傷つけられ、
恨みと嫉妬により彼女を殺してしまった。
罪の意識と、愛する者を自らの手で消してしまった後悔と、
愛するが故の同一化願望により、ダイアンは自殺する。

ダイアンが見た夢は、夢なのだから辻褄が合わなくてもいい。
彼女が生前に見た景色や知っている場所や人が現われ、
彼女の願望や欲求が反映されたストーリーが展開していく。
だから、ベティ(ダイアン)は大女優の叔母を頼りにLAへ進出し、
コネを使って初オーディションに一発合格し、
交通事故で生き残ったリタ(カミーラ)と出会い、
記憶喪失のリタに頼られ、感謝され、
リタがベティと同じような髪型にすることにより、
自分への同一化、つまり、両思いになる。
映画監督アダムが不幸に見舞われるエピソードは、
ダイアンからカミーラを奪った彼への復讐と、
圧力が渦巻いているのがハリウッドの現実である、ということ。

ダイアンの理想の夢も、リタが青い箱を開けることで終わる。
青は“死”を連想させるイメージカラー。
現実では、カミーラは死に、そしてダイアンも死ぬ。
これは、悲しい悲しい恋物語。

小人サイズで登場する老夫婦は意味不明だけど、
おそらく、ダイアン(ベティ)が感じる世間の目みたいなもの。
冒頭で、ジルバ大会で優勝したダイアンを祝福する老夫婦、
女優を目指すベティを応援する老夫婦、
自責の念に駆られるダイアンを自殺へと追い込む老夫婦。

デヴィット・リンチ作品を完全解読なんて無理!
そこに用意された答えはないし、
あったとしても、それを言葉で説明するのは無意味かもしれない。

映画を見終わって、いろいろ考えたい人にはおすすめ。
何も考えずに楽しみたいという人にとっては、
見てもワケがわからず心に残らないかも。

鑑賞方法:DVD/字幕
スポンサーサイト
PROFILE

yoko
♀/Aries/O type

自称映画好きによる、
超自己満足的な映画感想ブログ。

劇場よりも自宅でDVD派。
TVの吹替え映画も見るし、
海外ドラマも好き。

とりあえずいろんなジャンルを見てる。
見終わったあとに「考える」のが好き。
わたしなりの解釈や感性で、
思うままに感想を残してゆきます。

エントリー150本達成!
よーし、次は目指せ、200本!
→☆タイトル・インデックス
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
MY OTHER BLOGS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。